ホットヨガの気になる効果とは?違いを比較して、メリットを知ろう。

記事の著者:Siena編集部

通常のヨガよりも、高い効果を得ることができるホットヨガは、女性を中心に人気を集めています。具体的なメリットや効果には、一体どのようなものがあるのでしょうか?

ホットヨガは、室温39度前後・湿度60%前後に保たれた空間のなかでおこなうヨガのこと。体を柔軟にしやすい環境なので、通常のヨガよりも効果が大きいと言われています。ゆっくりとした動きでも体温が上昇しやすく、汗をかきやすい空間のため、新陳代謝を高めることができ、効率的に脂肪を燃焼することが可能です。汗をたくさんかくので、デトックス効果の期待もできます。

常温ヨガの最大の特徴は、どこでも気軽におこなえるということ。大自然のなかや自宅でも簡単に取り組むことが可能です。とくに呼吸を大事にしているのが常温ヨガで、呼吸を深くおこなうと、心身の集中につなげていくことができます。体の細部まで意識してヨガを楽しむことができると、効率的に筋トレがおこなえるため、筋力アップにも繋がります。

▼目次

ホットヨガと通常のヨガの違いとは?

ホットヨガと通常のヨガの1番の違いは、部屋の温度。厳しく温度管理をすることが必要なホットヨガは、専用のスタジオでしかおこなうことができないため、スタジオに通う必要があります。数多くあるホットヨガスタジオは、湿度を高める加湿器にこだわっているスタジオや、さまざまな温度の部屋を用意しているスタジオなどさまざま。

また、効果にも違いがあります。ヨガと比較してホットヨガのほうが効果を得やすいのです。高温での運動は負担がかかりすぎるという人のために、低温の教室を用意しているスタジオもあるので、自分にあった教室を見つけてみてください。

ホットヨガとその他のトレーニングの違いとは?

ホットヨガとほかのトレーニングを比較してみると、消費カロリーや通うための料金などにも違いがあることがわかります。

ホットヨガと水泳の違い

水泳の消費カロリーは、1時間でおよそ160キロカロリーほど。それに対してホットヨガは、1時間で330キロカロリー。実は、ホットヨガのほうが水泳よりも消費カロリーが多いのです。

また、水泳をおこなう施設によって、料金は異なります。スポーツジム内にあるプールで水泳をおこなう場合と、スイミングスクールで水泳をおこなう場合でも、料金は異なります。一般的にスポーツジムにあるプールの場合、ジム全体の料金を支払う必要があるため、料金が高くなります。スイミングスクールは比較的料金も安く、週に1回ほどのペースで月6,000円~8,000円くらいで通うことが可能です。

本格的にダイエットしたい、効率よくダイエットしたいという人には、水泳よりもホットヨガがおすすめ。また汗を流してすっきりしたいという人も、ホットヨガを選ぶと良いかもしれません。

また、水泳の場合、体力をつけることはできますが、代謝はなかなか上がりません。ホットヨガの高温多湿なスタジオ環境では、効率よく代謝を上げることができます。

ホットヨガとスポーツジムの違い

スポーツジムにはさまざまなトレーニングマシンがあり、マシンによって消費カロリーは異なります。とくに消化カロリーが大きいトレーニングマシンは、クロストレーナー。上半身と下半身を一緒に使うため、消費カロリーが非常に高く、10分で約50~100キロカロリーも消費することも可能。20分もすれば、へとへとに。

ほかにも、ランニングマシンやステップマシンなど、さまざまなトレーニングマシンがスポーツジムには用意されています。カロリーを短時間で消費したい場合、ホットヨガよりもスポーツジムのほうがおすすめ。

料金は、スポーツジムによって異なりますが、平均して月に1万円前後。設備がしっかりとした施設やパーソナルトレーニングなどでは、より高くなります。

ダイエットが目的、体をしっかりと鍛えたい、と考えている人はスポーツジムがおすすめ。しかし、黙々とトレーニングをするジムは、1人でおこなうのが好き、という人は良いのですが、だんだんと飽きてしまい、続けることが大変だと感じてしまう人も。

ホットヨガは、多くの人と一緒にレッスンを受けます。毎回違う人たちとやることになるので、レッスンの度に新鮮な気持ちでおこなうことができるはず。

また、ホットヨガは緩やかな動きなのにもかかわらず、しっかりと汗を流し、インナーマッスルを鍛えることが可能です。運動不足の人、ハードなトレーニングが不安という人、飽きっぽい人には、ホットヨガがおすすめです。

ホットヨガと加圧トレーニングの違い

加圧トレーニングを30分おこなった場合の消費カロリーは、約100キロカロリーです。また、加圧トレーニングは適切な圧力で身体を締めてからおこなうトレーニングなので、消費カロリーよりきつく感じることも。

また、施設によって料金が異なります。3,000円~15,000円程度と、金額の幅も広く、地域によっても料金は異なります。都内は比較的高く、1回5,000円以上するところも。

トレーニングが好きな人、筋肉をつけたい人には、加圧トレーニングがおすすめ。しかし、加圧トレーニングでのダイエットは、効率が悪くおすすめしません。あくまでも鍛えることが目的。鍛えるから痩せる、というわけではないのです。

ホットヨガなら、ダイエット効果を高めるために、基礎代謝をあげることができるため、効率良くダイエットがおこなえるというメリットがあります。

ホットヨガとキックボクシングの違い

キックボクシングの消費カロリーは、1回のキックで約0.4キロカロリー。パンチよりもキックのほうが、消費カロリーが高いと言われています。たとえば、500回キックをおこなえば200キロカロリーを消費します。しかし、キックボクシングを長い時間おこなうのは非常に大変。1回のレッスンで500回のキックは難しいものです。

また、キックボクシングをおこなうためには、ボクシングジムへの入会が必要となります。料金の平均は、月に1万円程度。スポーツジムとほぼ同じです。

キックボクシングは、女性の場合少しハードな運動。まったりとトレーニングをしたい、激しい運動は苦手という人は、キックボクシングではなくホットヨガがおすすめ。

ホットヨガとバレエの違い

バレエの消費カロリーは、1時間で約250キロカロリー程度と言われています。優雅な動きをするため、ダイエットとは関係がなさそうに考えられがちですが、実はカロリー消費は多いのです。

また、バレエをおこなうには、バレエ教室に通う必要があり、その際には月会費だけでなく、シューズやレオタードも専用のものを用意しなければなりません。発表会などがあった場合は、プラスしてお金がかかるため、ジムなどよりもお金がかかってしまうことも。

ホットヨガの優れた効果とは?

ホットヨガは、温度や湿度などの環境によって、ヨガの効果を倍増させることができます。

代謝が良くなると、血液もリンパの流れもよくなります。血行不良によってリンパの流れが悪くなることで、むくみが引き起こされている場合もあるため、代謝を効率的に上げることができるホットヨガには、むくみを解消する効果も期待できるのです。

また、常温ヨガに比べてデトックス効果が高いため、よりダイエット効果が得られます。高温多湿の環境で体を動かすため、大量に汗をかき、老廃物もたくさん排出されます。デトックス効果は、むくみの解消にも効果的。

高温多湿な環境での運動は、体を芯から温めることが可能。代謝や血行も良くなるため、冷え性の改善も期待できます。血行を良くすることで、肩こりや腰痛の解消も。また、柔軟性が高まる環境のため、体が硬い人はもちろん、骨盤や内臓の位置が歪んでいる人も、ホットヨガをおこなうことで歪みも内臓の位置も正しく戻していくことができます。

ホットヨガの効果的な通い方とは?

ホットヨガは汗を大量にかくので、水分を多くとるように心がけてください。また、ダイエット効果が高いのですが、1度利用しただけでは、痩せることはできません。継続的におこなう必要があります。3ヶ月~半年以上は続けることが大事です。

一定期間通うと、体幹が鍛えられ、基礎代謝も上がるので、普段の生活でも脂肪を燃焼することができるように。より高いダイエット効果を実感できるようになります。

また、ホットヨガを利用する頻度は、週に2~3回を目安にしましょう。こまめに通うことで、より効率的に体質改善を目指せます。通い続けるために、スタジオの雰囲気やアクセスの良さも考慮して、スタジオを選ぶことが大切です。

おすすめホットヨガスタジオ

おすすめしたいホットヨガスタジオは、LAVAとカルドの2つ。どちらも全国的に店舗を展開しています。また、大手のスタジオなので安心。初心者向けから上級者まで、幅広く楽しめるプログラムが用意されています。

LAVA

全国に270店舗以上ある、ヨガスタジオのLAVA。引っ越しや転勤などで今まで通っていた店舗が利用できなくなっても、ほかの店舗で同じレッスンプログラムで始めることができるのが魅力の1つ。2店舗同時利用可能のサービスもやっているので、職場と家の近所、2か所を利用することも。自分の都合に合わせて通うことができます。

レッスンプログラム数も20種類以上と豊富にあるので、自分の目的にあったレッスンを受けることができるはず。

また、女性専用スタジオもあり、男性と一緒にレッスンを受けることに抵抗がある人でも安心です。

カルド

LAVAと同じく、全国にあるホットヨガスタジオ。カルドの特徴は、スタジオ内の温度がは35〜40度に設定されています。これは体が温まっていなくても、筋肉を伸ばしやすくなる温度です。

また、酸素を燃焼しない特殊なヒーターと、大型の加湿器が完備されています。呼吸がしやすく、ある程度潤いのある環境なので、十分に汗をかくことが可能。

レッスンプログラム数も豊富にそろっているので、自分の体の悩みに合わせてレッスンを受けることができます。予約なしでレッスンに参加できるのも魅力の1つです。急な空き時間などにも参加できるので、忙しい人におすすめ。