女性でも簡単にできるヒップアップ術:2種類の筋トレで美尻をゲット!

今回はヒップアップに効果のある筋トレを2つ紹介していきます。

垂れたお尻を引き締めるには筋トレがおすすめです。筋トレを行うと見た目が若返るだけでなく、脂肪がつきにくい身体にもなります。

以下に紹介する基本の筋トレをしっかり行って、引き締まったお尻を手に入れましょう。また、より効果的なヒップアップに繋がるよう、今回は筋トレを行うタイミングも紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

女性におすすめの筋トレ方法


お尻の形は筋肉で作られているので、筋肉がなければ、お尻はどんどん垂れてきてしまいます。しっかりと筋トレをして、お尻を支えている筋肉を鍛えていきましょう。

ヒップリフト

器具などを必要としない筋トレで自宅で簡単に行うことができます。テレビを見ながらでもできる気軽さが人気の筋トレです。ヒップアップの筋トレといえばヒップリフトというくらい定番の筋トレとなっています。

まず膝を立てて仰向けになります。そして腰を曲げずにお尻をゆっくりと上げていきます。そして限界まで上げたところで1〜3秒キープしていき、またゆっくりと降ろしていきます。

ヒップリフトはゆっくりと行うことで負荷がかかり、より効果を得ることができます。負荷がかかっているかどうかは、上下させている時にお尻を触ってみましょう。お尻が固くなっていれば負荷がきちんとかかっている証拠です。

スクワット

ヒップアップ効果のある筋トレでスクワットはかかせません。

まず肩幅程度に足を開いていき、背筋はしっかりと伸ばしていきます。次に、椅子に座るようなイメージで体を上下させていきます。

この時、膝がつま先よりも前に出ないように意識して下さい。スクワット中の両手の位置は、できれば骨盤に、バランス感覚がないという方は手を前に出したまま行うといいでしょう。

筋トレのタイミング

また、筋トレは時間帯によって効果が変わってきます。

筋トレは、16時~18時頃か21時~22時に行うのが一番効果があります。日中は交感神経が働き、筋肉を動かしやすいのです。

しかし、食事を摂った直後はおすすめしません。

食後は消化吸収のために血液が胃腸に集中しています。そこで筋トレをすると筋肉にも血液を集める必要があります。結果として、血液が分散してしまい、胃腸に負担をかけてしまいます。

筋トレの効率が下がることにもなるので、食後は最低でも2〜3時間は置くようにしましょう。

筋トレの効果が高いのは、食事の前後と寝る前以外です。気をつけて効果的な筋トレを実践しましょう。

Tags

ライター