人を見下す彼氏の特徴と上手な付き合い方:相手にしないのが得策?

好きで交際を始めたはずの恋人同士ですが、そんな恋人を見下す人もいますよね。また、そもそも性格として人を見下しがちな人もいるでしょう。

恋人を見下しても、関係が悪くなるだけなのに、なぜ恋人を見下したりするのでしょうか。

そこで今回は、そんな人を見下す彼氏の特徴と上手な付き合い方・対処法について紹介します。

人を見下す彼氏の心理

自分に自信がない

恋人に関わらず人を見下す傾向にある人は、自分に自信がない人が多いです。

これは、自分のステータスを持ち続けたい心理の表れで、自分が馬鹿にされないか不安だから、先に相手を下に見ようとするようです。

余裕がない

自分の気持ちに余裕がない人は、相手を見下します。自分が充実していないと、自分のことで精いっぱいで恋人を思いやる気持ちも湧いてきません。

交際がスムーズにいくためには、互いの気持ちの余裕が大切です。見下す姿勢が一時的な場合は、彼氏が何かで精一杯な時期なのかもしれません。

周りに自分が上と自慢したい

他人を見下すことで、周囲の友人たちに自分の強さをアピールしたい傾向があります。

友人たちの中で、誰よりも自分が優位なのだと主張したいようです。子供っぽい一面が強いのかもしれません。

甘やかされて育った

相手を見下すタイプに多いのは、幼い頃に甘やかされて育った人が多いです。

甘やかされて、人より優位だと言われて育った人は、自分よりも知能が低い、体力が低い、収入が低い、と常に何かしら相手を低く評価してしまうようです。

相手を低く評価していることで自分自身が安心する、という心理が働いています。

理想が高すぎる

恋人に対してこうあってほしいという理想が高すぎるのも、人を見下す彼氏の典型的なタイプです。

世の中に完璧な人などいないことは十分わかっていても、それを求めてしまう、追い続けてしまう心理の表れですね。

他人の目を気にする

人を見下す彼氏は自分中心に見られがちですが、実は高い確率で「他人の目を気にしすぎる性格」です。

他人の目が気になるがゆえに、自分の傍にいる恋人への注文も多くなり、自分が評価されないのは傍の人間のせいだと思い込む傾向があります。

特に、他人からマイナスに評価されることは耐えられないようです。

恋人を見下す人との上手な付き合い方

同意してあげる

恋人を見下す人は、心が満たされていない場合はほとんどです。なので、その人のありのままの姿を認めて、受け入れるようにしてあげると、本人は満足して見下してこなくなるケースも多いです。

見下されて頭にきているとは思いますが、相手が満たされれば大人しくなるので、寛容になるのも一つの手です。

相手にしない

同意しても相手が満たされず、いつまでも見下してくる場合、相手にしない方が得策です。

逆に、同意したためにつけ上がるパターンもあり得ますので、その場合はそれ以上相手にしないで放置するのが一番。

いつまでも付き合っていてはあなたのストレスも溜まってしまうので、ストレスが溜まってきたら、もう相手にしないのがいいでしょう。

人を見下す彼氏の特徴と上手な付き合い方まとめ

人を見下す彼氏の性格や特徴がわかったかと思います。

友達として付き合っている分には、いい人であっても恋人になったとたんに態度が豹変してしまうタイプも多いようです。

好きだからと我慢せず、人を見下すような相手とは、さよならしましょう。

「Pairs」なら周りにバレずに恋活をすることができます。実際に会う前にメッセージ交換で相手がどんな人なのかもある程度掴めるため、突然出会いの場に行くよりも安心です。

特にPairsは国内最大級の600万人という利用者数なので、あなたにぴったり合う相性の良い人がきっと待っているはず。

まずは気軽に登録からはじめてみてはいかがですか。

記事の著者

恋愛の悩みをもっと見る

электроды сварочные купить

citroen.niko.ua/models/citroen-c4-new_7/