人付き合いの悩みの原因5選:苦手意識を克服しよう!

誰しも人間関係のトラブルに頭を悩ませた経験があるのではないでしょうか。トラブルとまではいかずとも、どうしても苦手な人がいたり、距離感がいまいち分からない友人がいたりと、人付き合いの悩みは多岐に渡ります。

このような、人間関係の目に見えない悩みは、原因を知ることが解決に繋がります。

人付き合いに悩んでいる人はぜひチェックして原因を探りましょう。

人付き合いの悩みの原因

他人からどう思われているのか気になってしまう

これを言ったら相手から否定されるのでは、これをやったら相手を不快にさせるのでは、というように自分の言動に対する他者の反応を気にしすぎて、悩んでいる場合があります。

特に、自己評価が低い人はマイナスな考えが頭をよぎることが多い傾向にあります。そして、自分の容姿や趣味などの個人的な事まで、周囲の人の評価を気にしてしまい、悩みが深くなっていってしまうのです。

自分の良いところに目を向けてみたり、趣味など楽しいことをしてポジティブな気持ちになる時間を作ってみてはいかがでしょうか。

自分から話しかけられない

人ともっとコミュニケーションを取りたいのに、できない事が悩みの原因になってはいませんか。

いつ話しかけていいのか探っているうちにタイミングを逃してしまう、話しかけてもどう会話を続けていいか分からない、といった悩みがある人は、常に相手から話しかけられるのを待っていることになっています。

ですが、自分から話しかけないでいると、周囲の人もあなたに話しかけるのを控えるようになってしまい、悩みが続いてしまうことになります。

まずは、挨拶などの気軽なコミュニケーションから始めてみませんか。挨拶をされて不快感を覚える人はほとんどいません。勇気をもって話しかけてみましょう。

傷つくのが怖い

人付き合い全般での根本的な悩みの原因はこれかもしれません。

人と関係を持つという事はいい事ばかりではありません。もちろんお互い楽しく笑い、尊敬しあい、学びあえる関係が続けば最高ですが、時には傷つけられたり、相手を傷つけてしまったり、怒りや憎しみの感情を持つ事もあるでしょう。

そのような負の感情を味わった経験から、また同じ事が起きることへの恐怖心があるのではないでしょうか。その恐怖心が、現在の人付き合いにおいても足を引っ張ってしまうことがあります。

他人に合わせ過ぎてしまう

頼まれたら断れない、反対意見を言えない、わからない事を聞けない、人付き合いを大切にしようとしすぎるあまり、悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

そのような悩みがある人は、相手が発言力のある人や、強引に話を進めようとする人であればあるほど、自分の主張が出来なくなってしまいます。

ときには自分の意見を主張することも大切です。

生理的に無理

こればかりはどうしようもありません。なぜだか特定の人とうまく付き合えないという人は、体臭や声、話し方、容姿などの生理的に無理なことが原因かもしれません。

相手が自分に何か嫌な事をしてきたわけでもない、直接関わった事もほとんどないのに、どうしても近づきたい難い。そんな場合は、生理的に無理という可能性があります。

これに関しては本能的なものなので、無理に悩まず諦めるというのも1つの方法です。

Tags

ライター

читайте здесь

источник iwashka.com.ua