人間関係がラクになる!人付き合いがうまくなるコツ・方法

いつも大勢の人に囲まれている人や、人から好かれる人など、人付き合いが上手い人はあなたの周囲にいますか?その人たちはどんな風に人付き合いをしているのでしょうか。

人は十人十色。全員違う価値基準があり、個性があります。人付き合いに自信が無い人や、もっとコミュニケーションの引き出しを増やしたい人は是非参考にしてみてください。

人付き合いがうまくなるコツ・方法

相手に興味を持つ

人付き合いの第一歩とも言えるでしょう。まずは相手に興味を持つ事です。

日頃身近にいる人の口癖や、話題によく選ぶテーマ、持ち物や服装などの目に見える事など、相手の事をよく観察します。

そうすると相手の人物像が会話をする前から少しずつ見えてくるため、実際に付き合いを始めて行く時に大切な、相手に関する情報を得る事ができます。

相手が好きな洋服のブランドや、好きそうな色、休日の趣味、よく使う言葉からマイナス思考なのかプラス思考なのか、などです。

ただし、その時に、”良い面をみる”という点に注意しましょう。

あくまでも人付き合いをうまくしようとしている事なので、相手の欠点は気にしない、もしくは見方を変えて長所として捉えようとする姿勢が大切です。

質問をする

興味を持って観察した次の段階として、興味を持った事について質問します。

例えば、最初のうちは、職場だったら仕事に関わる事、学校であれば授業に関わる事など、相手も自分も共通に知っている事を話題にすると良いでしょう。相手がどの程度心を開いてくれているのか、そこで様子を伺います。

徐々に付き合いが深まってきたら、相手の個人的な事も質問してみましょう。

例えば、メイクのうまさに興味を持ったら、どこの化粧品を使っているのか、どうやってメイクしているのか。仕事の効率の良さに興味を持ったら、どうやって難しい仕事を処理しているのか、など。

興味を持って質問してもらえると、相手は嬉しくなります。自分の趣味やこだわりを認めてもらえたら嬉しいものです。それを相手に感じてもらうことができれば、人付き合いがどんどんうまくなっていくでしょう。

相手の情報を覚えておく

興味を持ち、質問をしたら、相手の情報を記憶しておく事がとても大切です。

記憶力に不安がある場合は、メモをしておくのも良いでしょう。相手の誕生日、家族構成、最近の悩み、相手からもらったもの、相手がしてくれたこと、など。自分が覚えていたいと思う事だけでもいいので、相手との思い出を大切にしていきましょう。

人は、自分が思ってもいないような事を相手が覚えていてくれていると、とても嬉しく感じるものです。相手も心を開いてくれるきっかけとなり、人付き合いが円滑に動き出します。

人付き合いにおいて、嫌な思いをすることもあるでしょう。しかし、そこから学べる事、自分が成長できる事があります。相手を大切にし、感謝する気持ちを持っていれば、それは必ず相手に伝わり、返ってくるものもたくさんあります。

是非、今ある縁を大切に、人との付き合いを楽しんで、豊かな人生にしていきましょう。

ライター

посмотреть

источник