婚活で女性が求める年収まとめ:年収500万円以上は高望み!?

結婚相手に求める条件は、人によって様々ですが、結婚を真剣に考えるからこそ女性が結婚相手に求める条件は年収でしょう。婚活において女性が求める男性の年収第1位は500万円以上です。

しかし、それを満たす男性は少なく、婚活において年収500万円以上という条件は需要と供給のギャップが大きいです。

そこで今回は婚活における男性の年収の現実、年収500万円以下の男性と結婚するときの対処法やどうしても年収500万円以上の男性と結婚する方法を紹介します。

また、年収500万円以上の男性と出会うためには婚活の仕方を変えてみるのもおすすめです。日本最大級のマッチングアプリ「ペアーズ」を試してみてはいかがでしょうか。

ペアーズには婚活したいのに仕事が忙しくてなかなか婚活イベントに参加できない男性も多く登録しているため、年収500万円以上の男性もたくさんいます。

ペアーズに登録している人のうち23%は年収600万円を超えています。会員数が多いため、年収1000万円以上の人はペアーズ全体の9%ですが、人数でいうと約15万人です。まずは無料登録してみましょう。

婚活で年収500万以上を求めるのには理由がある

婚活サービスを提供するIBJが未婚女性を対象に行ったアンケートでは、結婚相手に求める年収の1位は500~699万円(47%)でした。つまり、未婚女性の約半数が年収500万円以上の男性を求めていることになります。

では、年収500万円以上の男性を求める女性が多いのは何故でしょうか?

実は、年収500万円は共働きせずに生計を維持するのに必要な金額なのです。

ただし、婚活女性が「専業主婦」を希望するのは、「三食昼寝付きの生活がしたい」のではなく、「子供が小さい間は育児に専念したい」という理由のようです。

婚活中男性の平均年収は500万を下回る

国税庁の調査によれば、男性の平均年収は、25~29歳で約378万円、30~34歳で446万円、35~39歳で502万円、40~44歳で564万円です。

この統計を見ると、30代後半以降であれば、年収500万円はそれほど高望みではない現実的な条件のように思えます。

しかしながら、未婚男性で年収500万円以上の人は、30代で僅か2.5%しかいません。すなわち、婚活市場において、年収500万円以上の男性は絶滅危惧種だと言えます。

年収500万以下の男性との結婚

このように、婚活女性が希望する男性の年収と、未婚男性の実際の平均年収との間には、大きなギャップがあることが分かります。すなわち、年収500万円以上の男性と結婚しようとすると、競争率の高い熾烈な競争を勝ち抜かなければなりません。

そのため、妥協して年収500万円以下の男性と結婚することになるかもしれません。

そこで、以下のように考えてみては如何でしょうか?

共働きで年収500万円以上を目指す

共働きと言っても女性がフルタイムで働く必要は必ずしもありません。扶養の範囲で年収100万円程度のパートに出るだけで、年収の条件を400万円まで引き下げることができます。これなら、子供を短時間だけ保育園に預ければ達成できそうです。

婚活で男性に求める年収を400万に下げるだけで選択肢が一気に広がるはずです。その中で他の条件が良い人と結ばれるのも一つの手かもしれません。

額面より安定を重視する

年収の高い職業は、浮き沈みも激しいものです。そこで、額面が500万円に満たなくても、安定した職業の男性を選ぶ方法もあります。

安定した収入があれば、急に給料が下がるなんてこともなく、安心して子供を育てることができそうです。

安定した職業の代表格は公務員ですが、看護師などの医療従事者も比較的安定していると言えます。

また、公務員などであれば休みもしっかり取れるため、家事や育児の分担もしやすいです。共働きになってもお互い助け合って生活することができるでしょう。

年収500万円にこだわるなら他の条件を変えてみる

一方、年収500万円以上の条件にこだわるなら、その他の条件を見直す必要があります。では、どのような条件を見直せばいいでしょうか。

年齢の上限を引き上げる

年齢が高くなるほど収入も大きくなる傾向があります。

どうしても年収500万円以上にこだわるのであれば、自分の年齢+10歳位まで対象年齢を引き上げるのも一つの手です。

初婚だけでなくバツイチも対象にする

結婚歴のある男性を対象に加えることによって、平均年収が高まります。

上で述べたように35~39歳の平均年収は502万円です。しかし、年収500万円以上の男性はほとんどが結婚してしまっています。そこで、結婚していたが離婚してしまった人も候補にしてみれば選択肢が広がるでしょう。

また、バツイチ男性は結婚生活に必要な費用のことも知っていますので、様々なアドバイスを受けられるのもメリットです。ただし、前妻との間に子供がいて養育費を支払っている場合は、注意が必要です。

婚活で女性が求める年収まとめ

婚活中の女性の多くは、結婚相手の男性に年収500万円以上という条件を求めます。一方で年収500万円以上で婚活をしている男性は少なく、需要と供給にはギャップがあります。

女性側が条件を一歩譲ることで選択肢は増え、結婚に着実に近づけるはずです。

また、選択肢を増やすためには婚活の方法を変えてみるのも1つの手かもしれません。今まで婚活パーティーや結婚相談所で婚活をしてきた方はマッチングアプリも試してみてはいかがでしょうか。

マッチングアプリは時間がない人が婚活するのにうってつけの手段であるため、年収500万円以上で仕事が忙しく、なかなか婚活イベントに出席できない人が利用している可能性が高いです。

マッチングアプリの中でも「ペアーズ」が特におすすめです。

ペアーズは累計会員数700万人超えであるのに加え、毎日約4000人が登録している日本最大級のマッチングアプリです。年収検索も可能なのはもちろん趣味や職業、居住地など様々な条件で検索できるため、きっと理想の相手に出会えるでしょう。

ペアーズに登録している男性のうち、年収400万円以上の人は57%。さらに、年収1000万円以上の男性が約15万人も登録しています。ペアーズで婚活をすれば年収500万円以上という条件も全く高望みではなくなります。

年齢確認や24時間365日の監視体制など安全面には力を入れているので、初めての人でも安心して利用できます。まずは無料で会員登録してみましょう。

Tags

婚活 (385)

ライター

rezeptfrei-viagra.com/kaufen/orlistat

our company

www.maxformer.com/shkafy-odezhnyye