婚活相手を高望みしすぎな女の特徴6選:まずは年収の現実を理解する

婚活における高望みとは、希望条件が現実から大きく逸脱している人を指します。年収1000万円以上、25歳未満のイケメン、などが典型的な例です。

結婚は自分の人生を左右する大きな出来事であるため、より良い相手と結婚したいと思うのは当然のことです。しかし、高望みしていてはいつまでも結婚できなくなってしまいます。今の自分の状況や現実を受け入れた上で現実的な婚活をしましょう。

今回は婚活において高望みしがちな女性の特徴をまとめました。また、年収ごとの男性の特徴もまとめたので、自分に合うのはどれくらいの年収の男性なのか確かめてみてください。

それでも少しでも良い条件の男性と結婚したいという女性にはマッチングアプリの「ペアーズ」がおすすめです。

ペアーズがすごい点は何と言ってもその登録者数です。累計700万人以上の会員数、毎日約4000人の人が登録しています。

婚活パーティーなどとは比べものにならない数の男性と出会えるペアーズならあなたが多少高望みをしても理想の相手に出会えるはずです。

婚活相手を高望みしすぎな女の特徴6選

年収にこだわりすぎている

各世代の平均年収を超える年収を希望することは、高望みと言えるでしょう。

国税局の調査によれば、20代男性の平均年収は約322万円、30代の平均年収は474万円、40代男性の平均年収は約597万円です。

ただしこの統計は既婚男性を含んだ数字であり、高収入が結婚に有利という点を踏まえると、未婚男性の平均年収はさらに低いと考えられます。

まずはこの事実を受け入れ、ここで紹介する年収ごとの男性の特徴を参考に、どのくらいの年収の男性が自分にふさわしいのか考えることから始めましょう。

年収400万円未満の男性の特徴

年収が400万円未満の男性は、20代の正社員か非正規社員が多いでしょう。婚活市場で年収400万未満の男性を見つけることは難しくありません。

年収400万円未満の男性は多くが非正規社員か20代の正社員です。

非正規社員は昇給制度がなく、同一賃金となっている企業が多いため、将来的に年収が大きく増えることは期待できないでしょう。

非正規社員の男性と結婚する場合には、共働きを覚悟する必要があります。ただし、正社員になる見込み、資格取得のために勉強中などの話が聞けると将来に期待が持てるかもしれません。

続いて、20代の正社員です。大学を卒業したばかりのため、年収は低い傾向にあります。現在の年収より将来性を期待して、仕事に対する姿勢などを質問してみてるのが良いでしょう。

しかし20代で結婚を焦っている男性は少なく、実際は“婚活”と言うより“恋活”をしている人が多いです。婚活に対する考え方の違いがあるため、早く結婚したい女性にとっては男性のはっきりしない態度に苛々することもあるかもしれません。

年収400万円台の男性の特徴

年収が400万円台の男性は、20代後半~30代半ばの正社員が多い傾向にあります。婚活市場には、この層の男性が最も多いので、出会うことは難しくないです。節約すれば専業主婦も可能ですが、扶養の範囲でパートをすれば余裕のある生活ができるでしょう。

また、婚活中の女性の多くは年収500万円以上の男性を希望しているため、この層の男性はそれほど競争率が高くありません。もし、この層の男性で価値観やフィーリングが合う人と出会えたら、積極的にアプローチするのが良いでしょう。

年収500万円以上の男性の特徴

年収が500万円以上の男性は、30代半ば以上の正社員が多いでしょう。婚活市場には、400万円台までの男性と比べる少なくなりますが、500万円台はいます。

しかしながら、600万円台となると「年収○○円以上限定」などと銘打ったエリート婚活でなければ、なかなか会う機会ははないでしょう。

さらに、年収600万円台になると人気も高く女性が殺到するため、競争相手が多いという覚悟も必要です。また、高収入の男性は婚活市場で人気があることを自覚しているため、少し強気な態度で婚活をしている人も少なくありません。

相手に求める条件が多い

このような女性は、普通の男性で良いと言うことが多いです。

ただし、ここでの普通とは、平均的な容姿で、平均的な年収で、平凡な学歴で、優しくて、常識があって等々、1つ1つの条件は普通でも、求める数が非常に多いのが特徴です。

1つ2つなら当てはまる男性がいるでしょうが、全ての条件を満たす男性はもはや普通とはいえず、高望みとなっています。

しかしながら、このような女性は、自分が高望みしていることに気付いていない場合が多いです。

結婚相手に求める条件が複数ある女性は、条件の優先順位を決め、優先度の高い条件が1つ2つ当てはまっていれば良しとする心の余裕も必要です。

自分の市場価値を過大評価している

本人の市場価値と、相手に求める条件とがアンバランスな場合に高望みとなります。すなわち、高望みの女性は、周りの評価や現実以上に自分の価値を過大評価している傾向があります。

このような女性は、自分磨きと称して、様々な習い事をしていることが多いのも特徴です。自分が努力している分、結婚相手にも高いスペックを求めてしまうのでしょう。

自分磨きをして自分に自信を持つのは素晴らしいことですが、それを相手にも求めるのは避けましょう。あなたが本当に価値の高い人であれば、スペックの高い男性が向こうから寄ってくるはずです。

一人暮らしをしたことがない

本人が30歳だとすると、父親は50代半ばを超えているでしょうから、実家はある程度の生活水準を維持しているはずです。そのような実家で暮らす女性は、父親と同等の生活水準を自分の結婚生活に求める傾向にあります。

しかしながら、50代後半の父親と同等の生活水準を、婚活中の男性に求めるのは酷です。ですが、このような女性にとっては父親が提供する生活水準が普通なのであって、自分が高望みをしていることに気付いていない場合がほとんどです。

まずは、一人暮らしを始めてみると良いでしょう。今まで実家で自分がどれほど恵まれた生活をしていたのかが身にしみてわかるはずです。

一人暮らしが難しい場合は、一人暮らしをしている友人の話を聞いてみるだけでも有効でしょう。生活費や食費にいくらくらい使っていて、どのような生活を送っているのか聞いて参考にしてみてください。

過去の恋愛を引きずっている

過去にスペックの高い男性とお付き合いをしていて、その男性のことを忘れられない女性も高望みの傾向があります。このような女性が結婚相手に求める条件は、過去の男性のスペックが基準になっています。

本人自身は年齢を重ねて市場価値が下がっているにもかかわらず、条件を引き下げることを無意識に拒否しているのです。

そうすると、時間が経つにつれて過去の男性が理想化されるのと反対に、本人の市場価値は下がって行きますから、どんどん高望みが進んでいくことになります。

過去の男性といちいち比べることはせず、初心にかえってその相手の男性そのものと向き合ってみましょう。

女友達が多い

女友達が多い女性は、友達の彼氏や旦那のスペックに振り回される傾向があります。すなわち、友達が年収600万円の男性と結婚したのだから、私も600万円以上の男性を見つけなければならない、というように、無意味な対抗意識を燃やしてしまうのです。

また、友達に紹介することになっても恥ずかしくない男性という条件で婚活をしてしまうのも、このような女性の特徴です。自分の理想の結婚像よりも、友達の評価を意識し過ぎるあまり、高望みをしてしまうのでしょう。

彼氏をアクセサリーのように選んできた女性はこの傾向が強いと言えそうです。しかし、結婚においては相性などスペック以外のものも必要となってきます。

周りから評価されたいというプライドによって結婚を後悔しないように、自分の意思を大切にしましょう。

婚活で高望みする女の特徴まとめ

今回は婚活において高望みしがちな女性の特徴をご紹介してきました。結婚を真剣に考えるからこそ、ついつい条件が増え結婚相手を高望みしてしまうのは仕方のないことです。

しかし、それでは逆に結婚が遠のく一方です。結婚の条件を減らしたり、下げたりすることで結婚は近づきます。さらに結婚相手を他の側面から見ることもできるようになるかもしれません。

でも、どうしても結婚相手に求める条件は譲れないという方にはマッチングアプリの「ペアーズ」がおすすめです。

周りからは高望みだと馬鹿にされるであろう年収1000万円以上という条件でも日本最大級の登録者を誇るペアーズなら約15万人がその条件を満たしています。高いスペックでも仕事が忙しく婚活イベントに行く時間がないという男性も多く登録しているため、穴場でもあります。

年収はもちろん、年齢、職業など細かい条件で検索できるためきっと理想の相手が見つかります。検索結果によって自分が高望みしているのか否かすぐにわかるため、指標として他の婚活と併用して利用するのも良いでしょう。

登録無料なので、気軽に始めてみてください。

Tags

20代 (81) 一人暮らし (28) 友達 (143) 婚活 (385)

ライター

read here

www.rezeptfrei-viagra.com

у нас