信用を取り戻す方法5選:相手の怒りを受け入れることが大切

信用を得るにはとても時間がかかります。反対に信用を失うことはとても簡単です。一度失った信用を取り戻すには、それ相応の覚悟と時間が必要になります。

今回は、信用を取り戻す方法を5つご紹介します。万が一、失った信用を取り戻すために参考にしてください。

誠意をもって詫びる

何があったにせよ、まずは誠意をもってお詫びすることが大切です。信用を無くした原因が、たとえ過失によるものであっても、相手の信用を失っています。

信用を取り戻したい相手は、あなたにとってその人との仲を修復したい関係ならば、心からお詫びをすることが大切です。

思わず言い訳をしたくなる気持ちもわかりますが、言い訳で相手が許してくれるでしょうか。

相手は言い訳など聞きたくないはずです。まず聞きたいのは、誠意ある謝罪の言葉ではないでしょうか。もしあなたが言い訳をしたいのなら、お詫びした後でも十分間に合います。

まずは誠意を持ってお詫びをしましょう。信用を取り戻すには、まずそこからが全ての始まりです。

相手の言い分に口を挟まない

信用を取り戻したいために、言い訳したいことは山ほどあるでしょう。でも言いたいことをグッとこらえてください。そこで言い訳をすれば、火に油を注ぐが如く、怒りをかってしまいます。

まずあなたがやることは、相手の怒りをすべて受け止め、言いたいことをすべて聞くことが大切です。

すべて言いたいことを言い終われば、怒りも収まります。相手の気持ちが落ち着いたところで、再度お詫びをしましょう。相手が冷静になれば、あなたの話に耳を傾ける余裕ができます。

そこであなたは、相手の様子を伺いながら、相手の気持ちに歩み寄ってみましょう。

言いたいことは事実を簡潔明瞭に伝える

相手の気持ちに歩み寄る際には、回りくどい言い訳は逆効果です。あなたの言い訳が見苦しく感じられたら、せっかく落ち着いた相手の気持ちに再度火をつけることになりかねません。

あなたは、言いたいことを簡潔に、かつ明瞭に言葉にしましょう。信用を失った原因が、例えあなたの過失であったり、第三者の責任によるものであっても、自分の責任ではないと弁明することは、とても見苦し印象を与えてしまうため、良くないです。

冷静な目で事実だけを述べ、それに対してどう思われるかは、相手の判断に委ねましょう。誠実に事実だけを伝えることで、あなたの話に耳を傾けてくれます。

想いを伝える

お互いが言いたいことを言い終えれば、離れかけた二人の心の距離が、いくらか近づいた感覚を持つことでしょう。そこでもう一度、このように話し合いをしている目的を思い出してください。

あなたは信用を取り戻すために、話し合いの時間を持っているのです。そこで次に口にする言葉は一つしかありません。それは相手への想いを伝えることです。

「あなたが大切」「これからも恋人でいたい」「ずっと友達同士でいたい」など、あなたの想いを伝えましょう。今まで言いにくかった感謝の気持ちなどを添えれば、もっと効果的です。

同じ過ちを繰り返さない

あなたが想いを伝えることで、相手の気持ちも和らいで、心を開いてくれることでしょう。まだお互いの気持ちがギクシャクした感じが残っているかもしれませんが、それは時間が解決してくれます。

やがては、お互いが以前よりも深い絆で結びつく感覚を味わうことができるかもしれません。そうなれば、相手もあなたのことを大切に思ってくれることでしょう。

そこで、今回信用を失った原因を見つめ直して、二度と同じ過ちを繰り返さないと心に誓うことが大切です。

信頼を取り戻すために

信頼を取り戻すには、素直で誠実な態度が必要です。さらにお互いの絆を深めるためには、時々話し合いの時間を作ったり、積極的に感謝の言葉を口にしましょう。

仲が良いと言っても所詮は他人同士です。気持ちがすれ違うことがあります。それを解消するためには、あなたの誠実な態度、素直な言葉が大切です。

ライター

monaliza.kiev.ua