パートを辞めたい!パートが疲れる原因と対処法まとめ

企業にとって、パートの存在はとても大切なものです。地道な作業を一生懸命こなすパートなしに企業は成り立ちません。でも中には長続きしないで、辞めていく人も多く見受けられます。その理由には、疲れによるものが多くあります。

なぜパートは疲れることを理由に辞めてしまうのでしょうか。今回はパートが疲れる原因と対処法について考えて見ましょう。

パートが疲れる原因

勤務体制による疲れ

パートの勤務体制は、何時から何時までといった、時間により拘束されることを基本とします。仕事をこなす量が多い少ないに関わらず、時間になれば退勤することができます。

したがって、ただ拘束時間を会社で過ごせば給料が支給されるという、甘い考えを持つ人にとっては、仕事にやる気を感じることができず、勤務時間がとても長く思えて仕方がありません。そういう人にとっては、パート勤務は疲れると感じるようになります。

やらされ感による疲れ

パートは、正社員の作業指示により仕事を与えられます。中には自ら進んで1日の作業内容を決めて、計画的に仕事を進める、レベルの高いパートもいます。

しかし、多くの場合、正社員が任務する作業内容を、各部下やパートに振り分けます。主に正社員は管理業務、ワーカー業務は各部下やパートの担当です。

仕事とは、自ら進んで行う場合には、あまり疲れを感じません。むしろ、やり甲斐を多く感じるものです。

多くの場合、パート業務は、上司から仕事を割り与えられるので、やらされ感の強い人にとっては、仕事が面白くなく、パートは疲れると感じます。

正しくない査定による疲れ

パートの仕事は、正社員が各パートの日頃の働きぶりを見て、それぞれの習熟度を査定します。その査定が給料に反映され、あなたのやる気につながります。

正社員が、全てのパートの働きぶりを正しく把握し、誰が見ても納得できる査定ができる場合は問題ありません。しかし、偏った査定や正しくない査定をされた時不平不満が生じます。

その時は、正社員との面談で異議を申し立てることが可能です。それでも、納得できない査定をされた時にはやる気を失い、パートの立場は疲れを感じます。

パートが疲れる時の対処法

できれば慣れた職場で長く働き続けたい、多くのパートがそう思います。その為には、あまり疲れることなく、快適に仕事をしたいものです。そのためにはどうしたら良いのでしょうか。

目標を掲げる

出勤のタイムカードを切り、仕事が終われば退勤のタイムカードを切る、その間の時間を、いかに有意義に過ごすかが大切です。

「早く休憩時間が来ないかな?」「退勤までまだ1時間もある」そう思う気持ちも分かります。でも、それでは仕事が面白くありません。当然働くことが憂鬱になります。

どうせ毎日のように働くのであれば、楽しく働きたいものです。そのためにも、毎日目標を掲げて、それに向かって働きましょう。今日10できたら明日は15やるとか、目標は具体的な方がやる気を発揮できます。あなたのやる気は必ず上司が見ています。

上の仕事を目指す

やらされ感でやる仕事ほど、疲れるものはありません。そして、ただ指示されたことを言われるままやっても、仕事は面白くありません。できれば、一つ指示されたら、さらに一つ二つと、指示された以上のことをやってみましょう。

もちろん、指示されたことは最低限こなした上で、さらに、それ以上のことをやることは言うまでもありません。前向きに仕事に取り組むと、意外と仕事は楽しくなります。終業後は心地よい疲れがあなたを包みます。

思い切って環境を変えてみる

指示されたことを完了した上で、さらに、それ以上質の高い仕事をするパートは、不利な査定を受けることはありません。普通の上司なら、あなたの働きぶりを見て、あなたにとって納得のできる査定をすることでしょう。

それでも、あなたが査定に納得できなければ、上司の見る目がないのか、会社の方針が間違っています。その場合は、配置転換を申し出るか、思い切って別の仕事を探すのも、一つの手です。あなたを必要とする会社は、他にもたくさんあります。

パートを前向きに楽しむ

よほどのお金持ちでない限り、私たちは、仕事で収入を得て生活をしています。仕事なしに生活は成り立ちません。どうせ働くなら楽しく前向きに取り組みたいものです。そうすれば今までとは違う、心地よい疲れを感じることができます。

Tags

ライター

www.profvest.com/2017/09/bitwallio-otzivi-obzor.html

ссылка