中学・高校のクラスが嫌い!苦手な人の対処法を紹介

クラスには嫌いな人が一人や二人いるものです。嫌いだからといってクラスを変えてもらったり、簡単に転校することなどできません。

大学生ならば、授業毎にクラスが変わるが中学・高校では1日同じクラスが1年間続きます。そのようなクラスで嫌いな人がいる場合、どうしたら良いのでしょうか。

今回は、クラスに嫌いな人がいるときの対処法を紹介します。

嫌いな原因を探ってみよう

中学・高校のクラスは「小さな社会」のようなものです。世の中に好きな人や嫌いな人がいるように、クラスにも好きな人もいれば、嫌いな人もいます。何故あなたは、その人が嫌いなのか嫌いな原因がわかれば、対処法が見つかるかも知れません。

イジメられたりからかわれたりするから

クラスの中にも人のことをイジメたり、からかったりする人はいます。本人はそれほど悪気はないのかも知れません。

しかし、人のことをイジメたり、からかったりするのは決して許されないことです。その人は、そうすることで、自分の中の心の不満を解消しています。

そのようなことをされれば、クラスに限らずあらゆる場所において、その人のことを嫌いになります。人をイジメたりからかったりした後に残るものは、虚しさだけです。

その人の心の不満が解消されるどころか、ますます増幅されていきます。そしてその人はクラスにおいて、さらに嫌われる存在になるだけです。

妙に馴れ馴れしい

もしかしたらその人は、あなたのことが気になるのかも知れません。でも、あまり親しくもないうちから、馴れ馴れしくされると、警戒心が湧いてきて、その人を嫌いになることがあります。

馴れ馴れしくする人のもう一つの目的が、人の優しさにつけこんで、人のことを都合の良いように扱う場合があります。最初のうちは良い顔をしますが、だんだん本性を表します。気がつけばその人に良いように利用さないよう気をつけることが重要です。

他にもさまざまな理由

他にも、暗い、無視される、キモい、顔が嫌い、なんとなく嫌い、など表面的な見た目で、人を嫌いになることがあります。

あなたは、その人を嫌いになる原因がわかりましたか。もし、はっきりわからなくても、対処法はあります。次にその対処法を考えてみましょう。

クラスに嫌いな人がいる時の対処法


このようにクラスの人を嫌いになる理由はさまざまです。次に、クラスに嫌いな人がいるときの具体的な対処法を考えてみましょう。

避ける

クラスであなたのことをイジメたり、からかったりする人がいて、その人のことが嫌いならば、徹底的に避ける方法が有効的です。嫌いな人にあえて近づく必要はありません。

なるべく目を合わさず、話をせず、必要に迫られた時だけ、最小限の会話を交わします。根本的な解決にはなりませんが、この先ずっと付き合う必要もなければ、ひとまず避けるようにしましょう。

しかし下手に避けると、相手の感情を害し、さらにイジメたり、からかう人がいます。その場合は、イジメやからかいがエスカレートする前に、仲の良い友人や先生に相談をしましょう。

受け流す

クラスという狭い空間の中で、嫌いな人を避け続けるのは、わざとらしくて、ちょっと気が引けるし、あまり気乗りがしない人には、嫌いな人とはまともに応対せずに、受け流してみてください。

1日中、同じ空間で過ごすため完全に避けることは難しいので、受け流すという行為はとても有効的です。

話しかけられれば、適当に相槌を打ち、嫌いな人に「君のことが嫌いオーラ」を漂わせましょう。やがてはあなたの「君のことが嫌いオーラ」を感じ取り、だんだんと話しかけなくなります。

良い面を見るようにする

人はいろいろな面を兼ね備えています。一度相手のことを嫌いと思うと、そのことばかりが先行して、その人の良い面に目がいかなくなります。

ここは、あなたの心持ちを変えて見るのです。クラスで嫌いな人の良い面を見るように心がけてみてはいかがでしょうか。嫌いだと思っていたけど、結構いい面を持っていると感じることがあります。

また、中学・高校では学校行事が多くあるためそのようなときに相手の新たな良い面が発見できるかもしれません。

あえて近づいてみる

避けるのも大人気ない、受け流し続けるのも気が引ける、そういう人は、あえてクラスの嫌いな人に近づいてみてください。もしかしたら、嫌いな人のことをあまり知らないだけという場合もあります。

ただなんとなく性に合わないと感じているだけかも知れません。もしくは第一印象があまりにも良くなかったのかもしれません。

クラスで嫌いだと思っていた人でも、付き合ってみると案外いい人だったということもあります。なので、相手を知ることも効果的です。

ここまでなら許せるとか、これ以上は許せないとかの線引きが大切です。クラスで嫌いと思うには、それなりの理由があります。あまり踏み込み過ぎると、逆にもっと嫌な面が見えてしまい、やっぱり嫌いだったという気持ちを増幅させてしまうことがあるからです。

少しずつ心の距離を縮めていきましょう。

嫌いな人の対処法は社会で役立つ

クラスで嫌いな人の対処法を身につけると、社会に出てからとても役に立ちます。学校のクラスで過ごす時間よりも、その後の社会で過ごす時間の方が圧倒的に長いのです。

その間には、好きな人や嫌いな人がたくさん現れます。今のうちにクラスで嫌いな人の対処法を身につけておけば、この先の社会における人付き合いを上手にできるようになります。

むしろ、クラスに嫌いな人がいることをラッキーだと思い、クラスに嫌いな人がいるときの対処法を身につけてしまいましょう。

ライター

там iwashka.com.ua

источник iwashka.com.ua