婚活相手とラインする時のコツ・注意点:しつこすぎるのはNG!

婚活相手とLINE交換をすることができたら、相手のことを知れるチャンスになります。相手のペースに合わせ、相手のことを知っていきましょう。

婚活相手とのLINEは、友達に送る時と同じではあまり良くないです。今回は婚活相手とLINEする時のコツ、そして注意点を紹介します。LINEを通じてもっと親しくなりたいと考えている人、必見です。

とくに注意点はしっかり頭に入れておきましょう。

婚活相手とのLINEのコツ

婚活相手とLINEでいい感じになるためには、どのようなLINEを送ったらいいでしょうか。

かわいいスタンプを用意

女性らしさといえばスタンプです。かわいらしいスタンプがたくさん販売されています。クリエイターズスタンプでもいいので、1つかわいらしいスタンプを持っていると良いでしょう。

しかし、あまりにもたくさん持っていると「こんなにスタンプ買っているの?」と思われてしまう恐れがあるので気を付けましょう。

そして、スタンプを使う時は会話の最中に使うのではなく、おはようやおやすみなどの時にさりげなく使うようにすると良いです。

適度に質問を入れていく

相手のことを知りたい時には質問をするようにしましょう。しかし質問ばかりではなく、1つの会話に質問は1つが望ましいです。

逆に質問しなさすぎもNG。相手に興味がないのかな?と思われてしまう恐れがあり、会話が続かなくなります。質問の内容から会話に繋げていけるようにすると良いでしょう。

「休日はなにをしていますか」という質問をすれば趣味の話に発展する可能性が高いです。質問して答えて終了にならないように会話を繋げていきましょう。

LINEをする時の注意点


婚活相手とLINEをする時の注意点を紹介していきます。

相手のテンションに合わせる

LINEにはさまざまなスタンプや絵文字が用意されています。友達とのLINEでスタンプをたくさん使ったり、絵文字をたくさん入れたりして、楽しいLINEを送っているという人は要注意です。

男性は基本的にスタンプ、絵文字を使う人は少ないようです。そのため、あまりにスタンプやLINEを送ってこられると面倒くさいなと思われることがあります。相手がスタンプや絵文字をあまり使わない人なら、控えるようにしましょう。

また、LINEの文章は、1つの文の量は相手に合わせるようにしましょう。相手が1度にたくさんの文章を書いてくる人なら、自分も合わせると良いです。

頻度も相手に合わせる

注意しなければならないのはLINEの頻度です。1日に何通もLINEを送る人もいれば1日1通という人もいます。1日1通の人にたくさん送ると面倒くさいと思われるかもしれません。

逆に1日に何通も送ってくる人に1日1通だと、つまらない人と思われてしまう恐れがあります。また、LINEの返信のタイミングも相手に合わせることが大切です。

送ってすぐに返信をくれるタイプの男性なら、できるだけ早く返すことが大切です。しかし、返信が遅い人にすぐに返信すると、プレッシャーを与えてしまうかもしれません。

返信を催促しない

たくさんLINEをしたいからといって、「返信待っています」「どうしてなかなか返信してくれないんですか?」といった内容を送るのはNG。相手にプレッシャーを与えてしまうことになります。

もし、既読になっているのに何日も返信がなかった場合は、この人とは縁がなかったんだなと諦め次に切り替えましょう。

Tags

ライター

посмотреть unc-mps.com.ua

посмотреть