人付き合いが悪い人の特徴と理由:気持ちの良い人間関係を築くポイント 

学校や社会の中で人付き合いが悪いと感じてしまう人はどのような人でしょうか?

例えば、相手を遊びやイベントなどに誘ってもなかなか良い返事がもらえなかったり、断られることがあります。いつもそのような対応をされると人付き合いが悪いなと感じてしまうでしょう。

ここでは、人付き合いの悪い人の主な特徴と理由を挙げてみます。

人付き合いが悪い人の特徴

人との関わりがあっさりしている

ヒトは誰しも承認欲求というものを持っています。他者に自分を認めてもらいたいという欲求です。

そのため時には他者をおだててみたり、媚びたり、大げさに褒め称えたりするものですが、人付き合いが悪いとあなたが感じている人には、それがあまり見られないことに気づくでしょう。

特に日本人にはこのような文化が根付いているため、人と違うだけでより目立つ傾向にあります。

人間性が良くても、付き合いにくい

いい人なんだけれど掴めないという人がこれにあたります。

例えば、性格は穏やかで優しいけれども、俗に言う「ノリが悪い」「つれない」タイプだったり、あなたの思っている人付き合いの価値観が通用しないタイプの人です。

このような場合、人は付き合いにくいと感じるのです。

深い付き合いをしようとしない

いくらあなたや周囲の人が気を遣って誘っていても、いつも断られたりはぐらかされるといささか誘う気持ちも薄れていきます。

誰かを誘うということは、興味があって近づいてみたいもしくはその人のことが知りたいと感じているからです。断られたりはぐらかされ続けると、最初の魅力がなくなり上辺の付き合いしかしなくなってしまいます。

人付き合いが悪い理由

自己防衛本能が働いているため

ヒトの生きていくための本能の一つに「自己防衛本能」というものがあります。自分の中でなんらかのマイナス要素があり、それを危険であると脳がとらえて自分を守ろうとする本能のことです。

言い換えると、人付き合いに対して怖いというイメージを持ってしまっているということです。

一方で、自己防衛本能が働いていても、過去の経験から人付き合いを学ぼうと努力している人もいます。このような人はまだ人付き合いに自信がなくぎこちないので、あっさりしているととられがちになります。

また、同じく自己防衛本能が働いているケースで、人付き合いを学ぶことを放棄し諦めてしまう人もいます。

いずれにせよ自己防衛本能が働いている人に共通して言えることは、自己肯定感が低いことによる自信の無さが原因で、周囲からは人付き合いが悪いととらえられてしまっているということです。

人付き合いに対する重要度が他者と異なるため

人付き合いを良くしたいと考えている人には、例えば次のような目標があると考えられます。

情報収集、絆を深める、人脈形成、人として当たり前という概念がある、本音と建前がある、嫌われたくない、認めて欲しい、自己PRなどです。

一方、人付き合いの悪い人というイメージを他者に抱かせてしまう人の目標はどのようなものだと想像できますか?

例えば、自分の時間の管理上の課題や、家族との課題、自己啓発、サイドビジネス、休養などがあります。

つまり、人付き合いが悪いと感じさせる人たちにとって、人付き合いというのはそこまで重要度の高いものではないのです。

お互いに程良い心の距離を保ちたいと考えている

お互いに心の距離が近すぎると、相手を客観的に見ることが難しくなり、主観が入ったり同情し合うことで仲を深めていってしまいます。

客観的に相手を見て違う視点からアプローチすることにより新しい気付きを与えるといった交流を目指す場合は、ある程度の心の距離を必要とするのです。

このように考えていくと、人付き合いが悪いというイメージを与えてしまう人は、もしかするとちょうどよい心の距離の構築を望んでいるのかもしれません。

嫌な気持ちにならないために

ここまで、人付き合いが悪い人の特徴とその理由について述べてきましたが、人付き合いが悪いというイメージが必ずしも悪いことではないということに気づいたかもしれません。

人付き合いが悪いととらえるのはあくまでもあなたの先入観、つまり「〜であるべきだ」という価値観や「人付き合いを良くする」という世間一般の常識とされている概念があるからであって、全ての人に共通する基準はないのです。

理由を知って、マイナスだったイメージを違う視点から見てみることで自分の成長にも繋がるので意識してみてはいかがでしょうか。

ライター

ссылка

www.iwashka.com.ua/katalog-tovarov/podguzniki-i-pelenki/odnorazovye-podguzniki/