人付き合いが上手い人の特徴:3つのポイントを押さえることが重要!

よく人の悩みの多くは、人間関係にあると言われています。

一言で「人付き合い」と言っても、広く浅くの関係がいいとか、少人数でも深く長くの関係がいいという方、また、両方の関係のバランスがうまく取れている方など千差万別です。

人付き合いが上手い人に共通しているポイントを抑えてみました。

アンテナを張り巡らせている

人付き合いが上手い人は、常にアンテナを張り巡らせているため、さまざまなことに興味や関心があります。

たくさんの情報を持っており他者に話すことによって、情報提供と自分への落とし込みが上手いと言えます。つまり、話題が豊富な話し上手なのです。

また、人とよく話をするので、聞き上手でもあります。しっかりと聞き、うなずいたりジェスチャーを用いての会話になるため、お互いに話も弾みます。

話を聞くということは、相手から話を引き出すことなので、質問も上手いし、自分のことばかりを話しません。謙虚さを大切にしているのです。

さりげない気配りができる

どのような時も、自分の立場や他者の話の内容、時間や場所、その場の雰囲気に合わせることを忘れません。

TPOに合ったさりげない気配りにより、他者に不快な思いをさせることなく、無理なく自分も楽しむことができます。

あまりにも自然な気配りなので、中にはそれに気付かない人も多くいるほどです。

相手を理解しようという姿勢を持っている


人は親身になって話を聞いていても、共感はできますが、本当の意味で相手のことが100%分かるとは言えません。しかし、理解しようと努力することはできます。

例えば、目の前の相手が今とっている言動の背景には何が隠されているのか?何がその人を突き動かし、その人は何を伝えたいのか?などです。

これらのことを考えることが習慣化されているため、一方的に自分の考えを押し付けたり、他者の言動をむやみに否定したりはしないのです。

判断力・決断力・行動力がある

よく、このような言葉を聞いたことはないでしょうか?

「あなたがこうしなさいと言ったから、私はその通りにしただけで、私のせいではないわ」本当にそう思いますか?

たとえ誰かにアドバイスや提案をもらったとしても、それを判断して、決断をし、実際に行動を起こしたのは自分なのです。

人付き合いが上手い人は、全て自分の責任の上で、さまざまなことを判断し、決断をして行動を起こす力があります。決して、人のせいだとは思わないので、他者を責めることはありません。

自分というものをしっかり持っている

人付き合いが上手=八方美人と認識されがちですが、決してそういうわけではありません。

なぜなら、人付き合いが上手い人は自分というものをしっかり持っているため、芯が揺らぐことがないからです。

例えば、Aさんに何かしらの勧誘に誘われても、話は聞きますが、実際にその勧誘に乗ってしまうことはなく、Aさんが気にしないような断り方の術を持っています。

Bさんが本心は騙そうと思って、良い話を持ちかけたとしても、付き合いの上手い人は自分の本心を大切にしているため、実際に騙されるようなことはないのです。

このように、人に流されることなく上手に人付き合いができるので、自分をしっかり持っていることは実に重要なことと言えます。

まとめ

細かく特徴をみてきましたが、なんだか難しそう、私には到底できないと思い込んでいませんか?そんなに面倒なことではありません。

他者も自分も尊重できること、 一緒にいてプラスになる人、 人の価値観の違いを理解できること、の3つのポイントが重要です。これらを心がけることで、人付き合いがうまくなっていくでしょう。

ライター

также читайте

источник