婚活サイト登録者の年収:書かれている年収はあてにならない?!

記事の著者:Kanako

婚活をしている人の多くが気になるのが、相手の年収。年収については女性の方が気にする傾向にあり、結婚相手に求める平均年収も高くなっています。しかし婚活サイトで公開されている相手の年収は、必ずしも正しいとは限りません。

今回は、婚活サイトに紹介している男性の平均年収や結婚相手に望む年収、婚活サイト登録者の本当の年収を知る方法などを紹介。婚活サイトで出会った相手の年収が気になるという人はチェックしてみて。

婚活サイト登録者の年収

婚活サイト登録者の年収は、登録している男性の学歴や年齢によっても変動するため、サイトにごとに大きく異なります。

例を挙げると、婚活アプリのブライダルネットでは年収400万円以上の男性が会員の82.3%。転職・求人サイトのdodaが発表しているデータによると、30代男性の平均年収は487万円。したがって30代が多く登録している婚活サイトでは、平均年収が400万円以上の男性も多くなるでしょう。

結婚相手に望む年収

以下では結婚相手に望む年収について、2018年に結婚相談所サンマリエが20代~30代の男女を対象におこなった「結婚と婚活に関するアンケート2018」の結果に基づいて紹介。

男性は特にこだわらない

結婚相手に望む年収について、男性は「こだわらない」と答えた人が43%で最も多く、続いて多かった答えが「300万円以上」で32%。

独身男性の「思わず結婚したくなる女性のスキル」第一位が「癒やし」、第二位が「料理」だったことから、男性は年収にはこだわらずそれ以外の家庭的な要素を求めていることがわかります。

女性は年収にシビア

女性は「400万円」と答えた女性が23%で最も多く、次に多かったのが「こだわらない」と答えた女性で20%。

「結婚相手を選ぶ場合に最も重視するものは?」というアンケートに対して、経済力を挙げた人が男性は2%だった一方で女性は12%と多かったことからも、女性の方が男性の年収に対してシビアであることがわかります。

好きになったら収入など気にならないというのも間違いではないでしょうが、収入は結婚生活の基盤になるものですから女性がシビアになるのも当然かもしれません。

婚活サイトに登録されてる年収は信用できる?

例えば年収500万円といっても税込みなら実質は350万円くらいになりますし、婚活サイトに登録されている年収は所得証明などが添付されていなければ、水増しされている可能性もあるそうです。

誰しも自分をよく見せようとするのは、仕方のないことかもしれません。どうしても、自分の希望する年収の相手を探したいという人は、年収証明書の提示されている婚活サイトまたは、結婚相談所を利用するのが近道と言えるでしょう。

相手の生活から年収を知ろう

婚活サイトでいきなり年収を聞くのは難しいですから、相手の生活をまず知りましょう。例えば、外食でどういうお店に行くのか、服装など身につけているもの、休日の過ごし方などを質問してみます。

ある程度の年収があれば余裕のある生活をしているはずですから、打ち解けるまではこういう方法もおすすめ。

DBBS編集部がおすすめ!婚活サービス3選

編集部が、真剣度・信頼性などから厳選したオススメの3サービス。