仕事がつらい・・・仕事で気疲れしてしまう原因と解消法

仕事場には、コミュニケーションが不可欠です。年齢も性格もさまざまな人がいるので、仕事場のコミュニケーションで気疲れしてしまうと感じている人も多いことでしょう。

仕事内容によって、モチベーションが変わり、プレッシャーを感じたり、億劫になってしまうことも気疲れの原因になります。

気疲れを我慢することは大きなストレスになり、仕事を続けることがつらい、辞めたいと感じてしまうでしょう。

そこで今回は、仕事で気疲れしてしまう原因と解消法を、詳しくご紹介します。

仕事で気疲れしてしまう原因

頼みごとを断れない

上司などに自分の担当以外の仕事を頼まれたとき、嫌でも断れない方や心配性の人は、断ることができず、気疲れしてしまう傾向にあります。

そういった性格の人は、頼まれ事をされたとき、断ったら怒られるのではないか、白い目で見られるのではないか、などと心配になって、結局引き受けてしまいます。

緊張やプレッシャーによるもの

会社に就職したばかりの頃は、新しい環境や慣れない仕事に戸惑うものです。失敗しないか、怒られないか、不安になり過度に緊張してしまいます。

また、納期が迫っていたり、大事なプレゼンが控えていたり、大きなプロジェクトを任された時などは、多くの場合プレッシャーを感じ、気疲れしてしまいます。

ストレスが溜まっている

仕事の量が多すぎて残業ばかりの日々を上司に相談するのもかなり気を遣います。

仕事においてコミュニケーションは重要ですが、職場でのコミュニケーションの対象には、自分が苦手なタイプの人なども含まれます。

しかし、仕事をしている以上そういったことは避けられませんし、新人の頃などは特に、相談やコミュニケーションが取りづらく、ストレスは溜まっていく一方です。

仕事で気疲れしてしまうときの解消法

しっかりと睡眠をとる

質の良い睡眠をとることで、ストレスが解消され、リラックスして次の日を迎えることができます。

睡眠によって、気持ちを切り替えることが重要です。

上手く寝付けない場合は、ストレッチや読書などをして、心身ともにリラックスさせましょう。寝付けない日々が続いている場合は、睡眠障害の可能性があります。

家族や友人に相談する

悩みや嫌なことを一人で抱え込むと、ストレスが溜まっていきます。

ストレスが蓄積されると、余計に辛く感じるなど、状況も悪化してしまいます。

家族や友人などに、愚痴に付き合ってもらい、気持ちを楽にさせましょう。また、悩みを相談することで、解決の糸口が見えるかもしれません。

趣味でストレスを解消する

趣味に没頭することで、ストレスを発散できます。既に趣味を持っている人は、趣味の時間を増やしたり、さらに深めていくと良いです。

趣味を持っていない人には、たくさんの選択肢があります。趣味を大きく分けると、アウトドアかインドアですが、その中にも数え切れないほどたくさんの趣味があります。

自分に合った趣味をいくつか持つことで、趣味がストレス解消法となり、ストレスに強い心を持つことができるでしょう。

Tags

ライター

на сайте monaliza.kiev.ua

у нас