仕事がつらい時の対処法5つ:目標を見つけてモチベーションアップ 

仕事に行くのがつらい、働きたくないと毎日のように思っている人は少なくありません。職場ではプライベートとは違うコミュニケーション能力を求められますし、慣れない業務に疲れを感じることもあるでしょう。

今回は、仕事がつらく感じた時の対処法を紹介します。少しでも仕事のストレスを減らし、前向きな気分になりたい方はぜひ参考にしてみてください。

給料のことを考える

時給制の仕事をしている場合は、あと何時間働いたら何円だ、と考えることでモチベーションが上がります。歩合制の仕事をしている場合は、今日はこのくらいの量の仕事をしよう、そうすると何円貰える、と考えましょう。

給料というのは、仕事をする上で唯一目に見えるご褒美です。お金という具体的な目標を設定することで、やる気を引き出すことができます。

大切な人のことを考える

子供や配属者、両親など家族がいる人は、働くのは愛する人のためだと思うことで乗り越えられることもあるでしょう。

自分がお金を稼ぐことで、生活が成り立つ、家族が豊かになる、休日は一緒に遊びに行ける、そのためのお金だ、と考えると気持ちが楽になる人もいます。家族の写真などを持っていると、より頑張れるような気がしてくるはずです。

しかし、この方法は逆にプレッシャーとなる人もいますから、自分に合わせた方法を試してください。

プライベートのことを考える

仕事は生活費を稼ぐためだと思い切れないときは、仕事が終わった後のことを考えましょう。自分へのご褒美や、休める時間、ストレスを発散する時間がないと、仕事はなかなか続きません。

自分へのご褒美やストレス解消には、大抵お金がかかります。自分が豊かになる為にお金を稼いでいるんだと、自分に言い聞かせましょう。

自分へのご褒美リストを作る

自分がやりたいことや欲しいもののリストを作ることで、目標が明確になり、仕事はお金のためだと割り切りやすくなります。

例えば、自分の外見の魅力を高めたいなら、ダイエット用品、美容品、服、バック、靴、アクセサリーなどがおすすめです。

また、趣味に没頭したいなら、ゲーム機、ゲームソフト、小説、漫画、CD、DVD、ライブチケット、雑貨、家具、家電などが良いですね。

リストを作って、達成するごとにリストから消していくといったやり方も、手軽に達成感を感じてモチベーションを上げることができる方法です。

仕事を目的にしない

仕事のことばかりを考えすぎると、憂鬱な気分になります。たしかに、働くということは生きていく上でどうしても必要なことですが、誰でも働くためだけに生きているのではありません。

家族のこと、趣味のこと、将来の夢のことなど、誰もが何かのために働いているのです。働くことは目標達成のための手段であり、決して目的そのものではないことを思い出してみましょう。

考え方を少し変えてみるだけで、自分の仕事にやりがいを見つけることができますよ。

ライター

www.man-ms.com.ua

читать далее www.man-ms.com.ua