ホットヨガの効果が得られる頻度とは?目的別にチェックしてみよう。

記事の著者:Siena編集部

これからホットヨガを始めようという人や始めたばかりの人は、どのくらいの頻度で通うべきか、効果を得るためにはどのくらいの期間が必要なのか、といったことが気になる人もいるはず。目的によって頻度は異なり、また週に通う回数によって得られる効果も違います。目的に合わせてレッスンに通う頻度を決めることが大事。

目的別の効果的な頻度とは、一体どのくらいのペースなのでしょうか?

▼目次

ホットヨガで得られる効果とは?

血行促進や代謝、筋力のアップから冷え性などの体質改善やむくみ、肩こりの解消まで、幅広い健康効果が期待できるホットヨガ。また、発汗によって体内がデトックスされることで美肌が目指せる美容効果が得られるほか、代謝や筋力が上がることで、ダイエット効果を実感することも可能。

それだけでなく、リラックスや疲労回復などの精神的な効果も。ホットヨガで得られる効果はさまざまあります。

ホットヨガの効果的な頻度は、目的別に変わる

目的によって、得られる効果や頻度は異なります。また、レッスンプログラムを変えることも効果的。

運動不足の解消、リラックスが目的なら週に1回でも

ホットヨガを始める目的が運動不足を解消することだった場合、週に1回のレッスンでも十分に運動効果を得ることが可能です。ヨガのポーズは、全身の筋肉を使うため、日常生活ではなかなか使われないインナーマッスルに刺激を与えることもできます。

リラックスを目的にしている人は、週に1回のリラックスを目標に通うのが負担も少なくおすすめ。プログラムも運動強度が高いものではなく、リラックス要素が多いものを選ぶことがポイントです。

またヨガ未経験の人は、環境やポーズ、呼吸法を身につける必要があるため、初めは週1で通い、徐々に体を慣らしていくのが良いかもしれません。

無理なく体質改善や筋力アップを目指せる週2回

レッスンを週2回にすると、効果をより実感することができるようになります。程よく筋トレ効果も得られるため筋力がつくほか、代謝アップの効果も。柔軟性も上がります。

そして、週2回のホットヨガを継続することで、体型を維持していくことが可能に。痩せる必要はないけど、太りたくない人におすすめ。

また、ストレス解消などの精神的な効果も得られるようになります。

さまざまな効果を実感できるのが週3回

体質改善やダイエットの効果を最大限に得るために、効果的な頻度が週3回のホットヨガです。筋力を付けるためには、筋肉に負荷を与えることも大事ですが、程よい休息を取ることも大事。適度に刺激を与え、休息も取れるため、筋トレ効果が得られやすいのです。

また、血行が促進され代謝アップしていくことで、冷えや肩こりなどの改善にも役立つのはもちろん、予防にもなります。

効果を得やすいレッスンの長さは1時間

ほとんどのスタジオが、1時間のレッスン時間で設定されています。長時間おこなえば、その分だけ効果が得られるといったものではないため、1日1時間程度を長く続けることが大事です。

もし続けてレッスンを受けたいといった場合は、連続してではなく、時間を空けてからおこないましょう。しかし、スタジオによっては、1日1レッスンとしているスタジオもあるようなので、事前に確認してみてください。

効果が得られるまでに、3ヶ月は必要

個人差はありますが、効果が実感できるのは、ホットヨガに通い始めてから3ヶ月程度経ってから、と言われています。また半年続けることで、周囲から変化を指摘されることも。

ホットヨガは、即効性のあるものではないため、始めてすぐにさまざまな効果が期待できるものではありません。1ヵ月ホットヨガを行ったけれど、効果が見られないという人も少なくないもの。諦めずに地道に通い続けることで、確実に体に良い変化があらわれ、ホットヨガで得られる効果が実感できます。

継続させるために大事なのは、ストレスを感じないこと

レッスンに通うことを負担に思わないようにすることがもっとも大事。行けるときに行こう、というような軽い気持ちを持つことも継続させるためには重要になってきます。仕事の都合や体調によって、なかなか思うような頻度で通えないことも。また、ヨガのポーズがうまく取れないことで、初めは挫折しやすいものですが、続けていくことでポーズも取れるようになります。

定期的に自分へのご褒美をあげるのもおすすめ。1ヵ月頑張ったら好きなお店でご飯を食べるなど、モチベーションを保つ工夫をしてみましょう。

また、体が内側から美しくなっている、調子がよくなっていると意識的に思うことも大切。ホットヨガでの効果に自分で気付ければ、モチベーションも上がり、継続につながっていくはずです。

効果を得るためには、レッスン前後に注意

効果を得るためには、適切な頻度でホットヨガに通うことも大切ですが、食事も気にすることが大事。

ホットヨガのレッスン後2時間は、ゴールデンタイムと呼ばれており、栄養の吸収率が上がっているため、肌に使うものや食べるものに気をつけてみましょう。ほんの少しの配慮で、より効率的にホットヨガの効果が得られます。

レッスン前の食事は、1〜2時間前には済ませておく

ホットヨガのレッスンをおこなうときは、1~2時間前に食事を済ませておくようにしましょう。満腹の状態でレッスンを受けてしまうと、レッスン中に気分が悪くなってしまうことも。

しかし、何も食べずに運動をおこなうのも良くないもの。おすすめは、胃に負担のかかりにくい消化の良い食べ物です。脂っこいものは避け、スープやおかゆ、おにぎりなどを食べるようにしましょう。

レッスン後の食事は、1~2時間空けることが大事

レッスンのあと、すぐに食事をとるのは控え、1~2時間はおいてから食べることが大事。栄養の吸収率が高まっているため、いつも以上に体が食べたものから栄養を取り込もうとします。

高カロリーの物やお菓子などは避け、ダイエットに良いとされるタンパク質などの栄養素が含まれる食べ物を摂るのがおすすめ。ビタミン類も積極的に摂取するのが望ましいので、野菜を食べることも大事です。

ホットヨガはこんな人におすすめ

激しい運動をせずに汗をかき、運動効果が得られるので、ホットヨガは意外にも運動経験がない人や運動が苦手な方におすすめ。激しい動きが少なく、ゆったりとポーズを取っていくことが理由です。

また、ホットヨガの効果を得るためには継続することが大事。自宅でおこなうことは難しく、スタジオに通う必要があるため、コツコツ続けられるタイプの人は、ホットヨガに向いています。

ホットヨガは、人によって向き不向きがあります。激しい運動することが好きな人や暑い場所が苦手な人、汗をかくことが嫌いな人は、あまりおすすめできません。また、体が健康でない人はホットヨガをおこなえないことも。

実際にヨガを始めてみよう

自分に適切な頻度が分かったら、ホットヨガスタジオを利用してみましょう。おすすめは、大手のホットヨガスタジオのLAVA。全国的に店舗を展開していて、店舗数も業界ナンバーワンを誇る大手のスタジオです。

初心者向けに体験レッスンもおこなっているほか、目的別に合わせたレッスンプログラムがあるので、分かりやすく始めやすいのが特徴。LAVAに通う人の約8割が未経験から始めているということもあり、初心者が通いやすい環境があります。

▲目次に戻る