ホットヨガをする時の注意点:食事に気をつけてダイエット効果を高めよう 

ホットヨガは、ダイエットや骨盤矯正そして美肌効果など女性に嬉しいさまざまな効果があることから人気が高まっています。とくに、ダイエット目的でホットヨガを行っている女性は多いのではないでしょうか。

今回は、ホットヨガを行う上で注意しなければならないポイントを紹介していきます。頻度や食事、季節などを意識することで、より安全かつ効果的にホットヨガを利用することができますよ。

ホットヨガを行う際の注意点

ホットヨガの頻度

ホットヨガは定期的に行わなければ効果はありません。週に2〜3日のペースでホットヨガを行うことが最も効果が高いと言われているようです。

しかし、仕事や子育てなどで忙しい方は無理をして週2~3日通う必要はありません。週に1日でも構わないので、自分が継続できるペースでホットヨガを行うようにしましょう。ホットヨガの効果は継続して初めて現れるものです。

ホットヨガ前の食事

ホットヨガを行う場合、食事は1~2時間前には済ませておくようにしましょう。満腹になった状態でホットヨガを行うと気分が悪くなってしまいます。

お腹が空いて倒れてしまっては意味がないので、レッスン前におにぎりを1つ食べるくらいは問題ないでしょうが、なるべく消化の悪いものは避け、消化の良いものを食べるように心がけて下さい。

ホットヨガ後の食事

ホットヨガを行った後の食事にも注意が必要です。ホットヨガ後すぐに食事をとるのは控えて、1~2時間はおいてから食べるようにしましょう。

ホットヨガを行った後、お腹がすいたからといって脂っこいものや高カロリーのものを食べてしまうと逆に太ってしまいます。ホットヨガ後に摂る食事として好ましいのは、鶏のささみや大豆製品、そして野菜です。ダイエットに適した食事を摂るようにしましょう。

ホットヨガに適した季節

ホットヨガは冬に行うのが最も効果が高いようです。冬になり寒くなると、体温を上げるためにエネルギー量が増えていきます。エネルギー量が増えた状態の時はダイエットに最適だと言われています。

そして、冬にホットヨガを行う最大のメリットは、身体の芯を温めることで冷え性対策になるということです。ダイエットの面だけでなく、体調管理の面から見ても、冬が最適だと言えるでしょう。

ホットヨガに適した時間帯

ホットヨガを行う時間についてですが、朝に行うのが最も効果が高いと言われています。朝ホットヨガを行うことで目覚めがすっきりし、生活リズムを整えることができます。

また、朝は骨盤が閉じやすいと言われているので、朝にホットヨガを行うことで骨盤矯正の効果も高めることができます。

ホットヨガを行う際に考慮すべき体調

生理中でもホットヨガを行うことはできます。しかし、生理中は体に負担がかかりやすいため、あまりハードなメニューは行わないようにしましょう。

初心者向けの優しいコースを選ぶことをおすすめします。ナプキンだけでは不安と言う方は、タンポンを使ってみてはいかがでしょう。

また、風邪をひいている時にはホットヨガは行わないようにしましょう。汗を沢山かいた方がいいのではないかと思われるかもしれませんが、ホットヨガは少なからず体に負担がかかるので、風邪が悪化してしまう恐れがあります。

ポイントを意識してホットヨガの効果を高めよう

ホットヨガを行う際の注意点を紹介しましたが、いかがだったでしょうか。ヨガは緩やかな動きであるとはいえ身体に負担のかかるものなので、やはり万全の体調で行うことが大切です。

今回紹介したようなポイントを意識して、自分の身体の状態をきちんと考えながらホットヨガを続けると、より高い効果が得られるはずですよ。

Tags

ライター