ダイエットに効果的なホットヨガのやり方:適切な頻度で無理なくダイエット!

ダイエットに効果があるということで女性に人気のホットヨガ。一体どのような特徴があるのでしょうか?そして、どのくらいの頻度で行うのが適切なのでしょうか?

今回は、ダイエットに効果的なホットヨガのやり方を紹介します。心も身体も健康的にダイエットしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

ホットヨガとは?

ホットヨガは、温度38度、湿度55~65%前後の温かい部屋で行うヨガのことです。特殊な環境なので自宅で実践することが難しく、ホットヨガスタジオなどに通ってグループで行うことになります。

ゆったりとした動きで全身の筋肉を使い有酸素運動になると同時に、筋肉も鍛えられます。ただし、普段と違う温かい部屋で行う全身運動のため、適切な頻度を守り正しく行わなければなりません。

ホットヨガのダイエット効果

ホットヨガで全身の筋肉を使うことにより、普段使うことのないインナーマッスルも鍛えられ基礎代謝があがり、ダイエットにつながるといわれています。また、筋肉が引き締まることにより美しい肉体を手に入れることができます。

ホットヨガの場合、温かい室内で行うため大量の汗をかきます。そのため体の中の余分な老廃物が排出され、デトックス効果が期待できます。

ホットヨガの間は水分補給を欠かさないようにして下さい。1時間に1リットルは水分をとることをおすすめします。汗とともに老廃物を排出し、体の内も外も美しくなれるのがホットヨガです。

効果的な頻度

ダイエットに効果的なホットヨガの頻度は一般的に1日1回、週2~3日といわれています。ホットヨガはある程度体に負担のかかる運動ですから、いくら効果を上げたいからといって週に5回6回と行くのはやめましょう。

また、例え週1回しか通えなくても、通う期間があいてしまったとしても効果がないわけではありません。通う頻度が少なくても体がポカポカして冷え性が改善した、などといった効果を実感している人はいます。大切なのは諦めず続けることです。

ホットヨガで効果が出てくるまでの期間

ホットヨガで効果が出てくるのは、一般的に3カ月~半年といわれています。ただし中には1カ月~2カ月で効果が出る人もいますし、1年続けても効果が出にくい人もいるようです。

効果が出ないからといってすぐに諦めるのではなく、じっくりと腰を据えて続けることが大切です。

ホットヨガをする際の食事の注意点

ホットヨガの前後2時間は基本的に食事を摂らないように指導されます。ホットヨガはほどよい空腹時に行うもので、満腹時に行うと気分が悪くなる可能性が高いためです。

また、ホットヨガ後の2時間も食事を摂らない方が良いのですが、寝る時間や翌朝起きる時間の関係でどうしても2時間以内に食事を摂らなければならない人もいると思います。

その場合は、消化が良く体に負担のかからないものを少量食べるようにしましょう。野菜スープ、スムージー、プロテインなどが体に優しくおすすめです。

Tags

ライター