対人ストレスを解消!相手を尊重する気持ちが秘訣

「どうしてこれぐらいの気配りができないのか。」「この人のこのような部分にイラッとする。」とモヤモヤした経験はありませんか?

日々の生活の中で、人との関わりは大なり小なり必ずあるため、どのような人でも対人ストレスに悩んだ経験はあるでしょう。バイトや仕事先に苦手な人がいて、その人が原因で仕事に行くことが憂鬱になったという話もよくあります。

対人ストレスを解消するためには価値観や考え方が違っていることを受け止めて、尊重する気持ちを持つことがポイントの1つです。価値観を知ることでコミュニケーションがうまくとれるようになるかもしれません。

そこで今回は、対人関係で悩んでいるあなたに、対人ストレスを感じる原因とその対処法をご紹介します。

なぜ対人ストレスがうまれるのか

ほとんどは他者との価値観の違いから

人との関わりにおいてストレスが溜まるのは、自分の思っていることや考えていることと他者の考えが違いすぎて、あなたの中で「これはあり得ない」と判断することによります。

つまり他者の価値観をあなたが受け入れることができない時にストレスを感じるのです。

頭の中では自分と他者とは全てが違うということを理解していても、なかなか他者の価値観の受け入れは難しいもの。

その違いを具体的に挙げると、常識だと思っていることや良し悪しの判断の基準となっているもの、マナー的なものや、考え方の傾向の違い(ポジティブ、ネガティブなど)、子どもの育て方や接し方があるでしょう。

価値観は育った環境や今までの人生経験によってつくられ、人それぞれ違います。そのため、自分の価値観が最も正しいと感じてしまうと、対人ストレスが生まれます。

嫌われたくない心理

あなたは他者に対して、嫌われたくないと感じていませんか?

価値観によって相手を受け入れられない真逆のパターンが嫌われたくない心理です。

嫌われたくないと感じていると、相手を全面的に受け入れようと努力しすぎたり、相手に不快な思いをさせたくはないと気を使い過ぎてしまうことも、ストレスの原因になります。

対人ストレスを和らげるには

対人関係のストレスをゼロにするということは、なかなか簡単なことではありません。それではストレスを和らげることや、あまり意識しなくて済むためにはどうすれば良いのでしょうか。

距離を置く

少しの間、他者との心の距離を置いて、差し障りのない関わりをしてみましょう。

きっとあなたは、対人関係において疲れているのかもしれません。このような時は他者のことに目を向けるのではなく、自分を大切にしましょう。

趣味など好きなことをしてリフレッシュをすることや、自分を肯定し認めることでネガティブな気持ちを和らげることができるでしょう。

自分や他者の価値観を受け止めてみる

対人関係において、たとえ自分とは価値観が違うと割り切っていても、まずは一度受け止めてみてみましょう。

「このような考え方もあるんだな。今の自分のとらえ方をほかの視点から見たらどうなるのだろうか。」など、対人関係をあなたの人生の勉強の一つとして考えてみるとポジティブな気持ちになるでしょう。

また、嫌われることを怖がりストレスを感じているのであれば、人付き合いを割り切って楽しんでみるという勇気も必要になってきます。

当然のことながら、あなたにはあなたの価値観があります。それを自分で否定することほど寂しいものはありません。もっとあなた自身が自分に自信を持っていいのです。

他者の尊重と自分の尊重

せっかくの縁があって生まれた対人関係です。上手く付き合うことができたら、ストレスを溜めるどころか、相互成長しあえる素晴らしい関係が築けるかもしれません。

そのためにも、自他ともに尊重できるようなポジティブ思考で、もっと人との関わりを楽しんでいきましょう。

Tags

ライター

еще по теме www.man-ms.com.ua

обращайтесь www.man-ms.com.ua