実家暮らしの独身女性が結婚するためには?自立していないイメージを払拭しよう!

記事の著者:Kanako

一人暮らしの女性に対して、実家暮らしの女性は比較的モテないといわれています。出会いのチャンスがあっても、男性から恋愛対象として見られないケースが目立ちますが、そこには実は意外な理由が隠されています。

男性にとって、実家暮らしの女性は、精神的に未熟で親の力がないと生活できないという印象を与えてしまうことがあります。

精神的にも金銭的にも、親に依存する人生を送っているように見えることから、将来的に親に代わって依存されたくない、と男性が思うことはごく自然なこと。

親や家族と過ごす時間を大切にしながら、実家暮らしでも男性が魅力的だと思えるような金銭感覚や生活力を身に着けておきましょう。恋愛や結婚に向けて、改善できる点は改善していくことが大事です。

実家暮らしの独身女性が結婚するためにできること

男性目線から、実家ぐらしの女性に対するイメージをいくつか紹介します。実家暮らしをしながら婚活をしたいという人は、イメージを払拭させる努力も必要です。

親離れをする

両親の介護などの、やむを得ない理由があって実家暮らしを選択している場合でない限り、自立ができていない、というイメージをもたれやすいのも当然のこと。

親が常に近くにいるため、一人で決断することができなくなっていることも多く、親離れできていなそうというイメージを持たれてしまう原因になっています。

実家暮らしだと、男性がデートに誘っても、親や家族と過ごす時間を優先してしまうこともあるはず。そのため、自分は大切に思われていないと感じる男性が多く、次第にデートに誘うことが面倒になってきてしまうのです。

また実家暮らしをしている場合、両親も子離れが出来ていないのでは、という印象も与えてしまうため、交際や結婚となった場合に面倒なことになりそう、と思われることも。

たとえ両親と一緒に暮らしているとしても、自分の人生です。社会人になったら徐々に自立し、自分の力で物事を決められるようになりましょう。決断力のある強い女性に対して、男性は自立していると思って、良い印象を抱いてくれます。

家族との時間はもちろん大切ですが、交友関係も大事にしましょう。

料理を勉強する

男の胃袋をつかむといいますが、多くの男性にとって料理のできる女性は魅力的です。しかし実家暮らしの女性は、母親が食事の支度をしてしまうため、料理をする機会が少ないことが多く、料理が苦手な人も多いはず。機会少ないと上達もしません。

料理ができないだけで生活力のない女性、と思われてしまうことも。また男性にとっては、結婚から遠のいてしまう原因の1つです。

毎回ごちそうを作れなければいけないわけではないので、少しずつかんたんな料理に挑戦して、徐々に料理のスキルをアップしていきましょう。

片付けを習慣にする

実家暮らしの場合、散らばった部屋を両親が片付けてくれるというケースが多く、自分で片付けをする習慣がない人も多いはず。

反対に一人暮らしでは、誰も片付けてくれる人がいないので、嫌でも自分で掃除することになります。つまり、実家暮らしというだけで片付けができなそう、というイメージを持たれてしまうのです。

そう思われないためにも、常に身の回りが整理整頓されていることを目指して、片付けを習慣にしましょう。

自分の部屋だけでなく、職場のデスクをきちんと整理整頓するなど、方法はいくらでもあります。片付けができないというイメージは、日頃の行動で払拭しましょう。

お金の管理はきちっと

実家暮らしをしていると、身につきにくいのがお金の感覚。とくに、生活にかかるお金の感覚が身についていないため生活力に乏しく、結婚を考えたときにそれは大きくマイナス要因になります。

たとえば、食費や光熱費などにいくらのお金を使われているのかは、親が管理をしているために分からない、という人も多いはずですが、男性からすれば金銭感覚に不安を覚えてしまいます。

家計をやりくりする能力がないと思われてしまうことも。恋愛する上でもお金の感覚は重要。価値観が合わないと判断されてしまう可能性もあります。

また、実家暮らし場合は生活のためにお金を使うことがないため、趣味など自己満足のものにお金をかけがち。しかしそれも男性からは、無駄な買い物や習い事にお金をかけていると思われてしまいます。

いくらお金に余裕があるとはいっても、むやみに自分の趣味にばかりお金を費やす姿を男性にみせるのはおすすめしません。自分のためにお金を使うことは悪いことではありませんが、限度を知っておくことが大切。

また、生活に必要な金額も知らないままではなく、きっちり把握しておきましょう。毎月その分は貯金するという方法もおすすめです。

常識をもつ

一人暮らしで会社勤めをしている男性は、いつまでも実家暮らしをしている女性とのギャップを感じてしまうこともあります。独り立ちしていないことから、常識がないのでは、という印象を持つこともあります。

親に頼り切って暮らしている、というイメージから常識がない思われてしまうのも、無理はありません。

本来常識の有無は、実家暮らしや一人暮らしとは全く関係がありません。しかし、日頃から常識ある発言や行動を意識することも大事です。

実家暮らしだから常識がないんだ、と思われないようにしましょう。

親の目を気にしない

実家暮らしの女性は、両親と話す機会が多いため、デートの様子などもつい話してしまうことがあります。デート中の行動が筒抜けになってしまうため、相手の男性は恥ずかしさを感じてしまうことがあり、思い切った行動を避けてしまう可能性も。

結婚は当人同士だけの問題ではありませんが、恋愛の段階では当人同士の関係が最も重要です。男性の気持ちも考え、親が気になっているとしても恋愛事情はあまり話さない方が良いかもしれません。

自立した女性になると決めて行動をする事は大変な事かも知れません。しかし、結婚をしたいと考えるのであれば、親の目を気にせず自分の考えで行動することも大切なのです。

実家暮らしの独身女性が自立するために

両親の介護などの特別な理由がなく、ただただ面倒だから実家暮らしをやめない、という人もいるのはずです。しかし独身を卒業して結婚するためには、まず自立する必要があります。

自立の方法として、一人暮らしがあります。たとえいま現在、家事やお金の管理ができずにだらしない生活を送っていたとしても、一人暮らしをすれば必要最低限は、自分でこなすようになります。

物理的に親離れし、自立することによって男性からの評価も上がり、結婚も見えてくるかもしれません。また、一人暮らしをすると孤独感に苛まれることがしばしばあります。この孤独感が原動力となって結婚に漕ぎつける人もいるのです。

もし一人暮らしができない状況にあるのなら、普段から家事を積極的に取り組んだりして、自立への一歩を踏み出しましょう。

DBBS編集部がおすすめ!婚活サービス3選

編集部が、真剣度・信頼性などから厳選したオススメの3サービス。