幼稚園教諭を辞めたい理由:女性中心の職場の実態とは?

小さい頃から夢見ていた念願の幼稚園教諭になれたという方も多いでしょう。

しかし、いざ就職してみると子どもと遊べる素敵な仕事だと思っていても、毎日子どもの命を預かり、仕事量も多く保護者との関係性を築くのも難しいなど、想像と違うと感じてしまうことも。

今回は幼稚園教諭になってはみたものの、幼稚園教諭を辞めたいと思うきっかけになった理由を紹介していきます。

また、環境を変えてみれば解決する問題もなかには多く存在します。まずは辞めてしまう前に、他の幼稚園を探してみてはいかがでしょうか。

ほいく畑では保育専門のコーディネイターが専属でついてくれるので、はじめての方でも安心して任せられます。ぜひ利用してみてください。

幼稚園教諭を辞めたいと思う理由

人により理由は様々です。まずは辞めたいと思う理由をいくつか挙げてみます。

人間関係の悩み

幼稚園というのは女性が中心の職場です。女性同士というのは、とにかく仲の良いもの同士が集まる傾向があります。

例えば園長や主任などの派閥があり、その派閥の争いに巻き込まれたり、どちらかの派閥に入らないと仕事を続けることが難しい状況に追い込まれたりすることがあります。

また性格の悪い主任を持った時には、彼女の対応に苦労します。入りたての1年目は仕事のことなど何も分からないのは当然です。

そこで仕事のことを主任に尋ねたところ、いい加減なことを教えられたり、ひどい場合には全く無視されたりなどのいじめにあうこともあります。

体力的な悩み

幼稚園教諭というのは、体力勝負です。小さな子達と遊んでいる時間はもちろん、それ以外の時間でも荷物を運んだり、子供達の補助をしたり、動きっぱなしです。そうなると体力的に厳しいと思う人は多いでしょう。

また、家に持ち帰ってしなければいけない仕事も多いため、自宅でもゆっくり休める時間があまり確保できなく体力勝負になることが多く厳しいと感じる人もいるようです。

モンスターペアレントの悩み

そして、保護者との関わりも一長一短のところがあります。一生懸命子供の面倒をみた結果として、保護者に感謝や労いの言葉をかけてもらった時には、幼稚園教諭の仕事をやっていて本当に良かったと感じられるでしょう。

一方、いわゆる「モンスターペアレント」は教諭にとっては大変な存在です。ただ1年目というだけで頼り甲斐がないと文句を言われたり、子供の喧嘩で少し傷を負っただけで、ひどく文句をつけてきます。

色々な苦労を強いられる場合があります。

仕事環境や給料の悩み

幼稚園教諭という仕事は、子供達の面倒を見るいわばサービス業に近い仕事です。昼間は子供達の面倒を見るのに追われ、そのほかにも遅くまで多くの事務作業や雑務をしなければなりません。

その他会議や運動会や学芸会の準備のにと忙しい毎日を過ごし、幼稚園を後にするのも夜の8時や9時になることも当たり前のように発生します。

それでも給料がその仕事内容に見合っていればまだ続けることができるでしょう。しかし平成27年の幼稚園教諭の平均月収は23万円。ボーナスを含めた年収の平均は339万円と、一般的な企業に比べて決して高くありません。

その後の昇給も小幅のため、仕事の量と給料が見合ってないことも幼稚園教諭を辞めたい理由に挙げられています。

もし幼稚園教諭を辞めたいと思ったら

先のことを考えずに闇雲に仕事を辞めることは、一時的にはその苦しみから解放されますが、少し長い目で見ればそれ以上の苦しみがあなたを襲うことがあります。

このまま続けるか辞めるか悩んだ末に辞めることを決断したら、次のようなことも考えてみましょう。

辞めるのに適している時期とは

どうにも辛くて心や体が破綻しそうな時には、一刻も早く辞めることをおすすめします。でもまだ様子を見る心の余裕があるのなら、辞めるのに適している時期について考えてみましょう。

1年目で辞めるメリットとして、なるべく早く次の仕事に就くことにより少しでも早くその仕事に慣れることができます。しかしながら、その後の転職の際に、採用側にまたすぐに辞められてしまうと思われる不利な条件が発生することが考えられます。

もう少し頑張って2年や3年続けると当然仕事や職場にも馴れ、1年目よりも仕事がしやすくなるでしょう。またそれ以上続けることとして、ボーナスがもらえたり辞める際にも退職金が支給される場合もあります。

また5年以上のキャリアを積むと、次に採用する側もあなたのスキルを認めて、割と厚遇で採用される可能性があるかもしれません。

辞めた後のことも考えてみる

給料が安い、拘束時間が長い、人間関係が耐えられないと思うのであれば、早速転職活動を開始しましょう。しかし、辞める際には必ず次の仕事を見つけてから辞めることをおすすめします。ところが、次の幼稚園でも同じような状況が待っていることも考えられるでしょう。

そのような目に遭わないためにも、次の職場を選ぶ際にはじっくりと検討しなければなりません。

また、今の仕事が嫌だからと後先考えずに仕事を辞めると、次の仕事が決まるか不安になったり、なかなか決まらない場合にはなぜ今の仕事を辞めてしまったのだろうと勝手に自分を攻める気持ちになることがあるからです。

実は子供があまり好きではなく、そもそも幼稚園教諭の仕事が自分には向かないと思う人は、辞めることをきっかけとしてじっくりと仕事のことを考えてみましょう。

「自分の好きな仕事はなんだろうか」と自問自答することは、今後の就職活動を有効に進める手がかりをあなたに教えてくれます。

まとめ

今の職場でうまくいかないと感じていても、元はやりたいと思って始めた職業です。かんたんに辞めてしまってはもったいないのではないでしょうか。

ほいく畑ではひとりひとりの条件に合った、さまざまな求人が各エリアに分かれて紹介されています。就業後も相談を聞いてくれるなど、サポート体制もしっかりしているので、おすすめです。

Tags

給料 (116) 職場 (226) 転職 (355)

ライター

1284566

у нас www.xn----7sbajornvhu8c.com.ua

источник www.xn----7sbajornvhu8c.com.ua