夫の浪費癖を直すための効果的な対策方法6つ:夫との距離を縮めよう!

記事の著者:1466818

近年、ビットコインなどの仮想通貨に手を出す人も増えています。夫がギャンブル依存症や、日常生活にかけるお金が高いと、非常に大変です。

子供のことや将来のことを考えて、節約したいと考えている女性は少なくありません。浪費癖の夫を持つと、倹約家の女性にとっては離婚問題ともなります。

今回はそんな、夫の浪費癖に悩んでいる女性に向けて、夫の浪費癖がひどい状況や、効果的な対策方法を6つご紹介します。

夫の浪費癖がひどい…

転勤による引っ越しや、元旦の挨拶回りなどは、お金がかかる上に忙しい時期です。

そんな時に、株やFXなどに何十万円も相談なしにお金を遣ったり、パチンコスロットなどのギャンブルに通いつめたりされると、憤りを覚えます。

消耗品に関しても、足りている物をいくつも買ったり、同じものでも安い方より高い方を選んだり、節約という言葉を知らないのでしょうか。

そういった行動をとる、浪費家の夫を持つと苦労します。浪費癖のある人は、お金を使うことに抵抗がないことも特徴的です。

効果的な対策方法

1. 出金額に上限を設ける

夫のクレジットカードに、出金額の上限を設けておくことが効果的です。

夫がクレジットカードを複数持っている場合は、「減らした方が管理がしやすいよ。」などと夫が納得しやすい理由をつけて、一つに絞りましょう。

2. ゲームアプリは選んで勧める

夫がゲームなどのアプリゲームに、課金している場合も、上限を設定しておくことをお勧めします。

ゲームアプリに使うお金を、夫婦間で決められたら良いのですが、浪費家の男性は「俺の金なのだから、好きに使って何が悪い。」と考える傾向にありますから、難しいです。

ゲームアプリ内での課金額に「月5000円まで」などの上限のあるものがありますから、そういったゲームを自然に夫に勧めてみましょう。

3. 財布を管理する

家の経理は、妻が担当している家庭が多く一般的です。ですから、妻が金銭管理することを、夫が受け入れてくれたという家庭も少なくありません。

夫と話し合って、お小遣い制にすることをお勧めします。

4. 収納できないものは夫の部屋に置く

浪費家の男性は、足りている物をいくつも買ったり、同じものをいくつも買う傾向にあります。片付けをしないので、収納しきれず迷惑をかけていることに気づきません。

収納できないものは、夫の部屋に置きましょう。物を増やすと困ることを認識します。余分なものを買わなくなるでしょう。

5. 夫との距離を縮める

株やFXなどに興味があると伝えて、夫が株やFXなどにお金をいくら使っているのか把握しておきましょう。

夫がお金を使う時に、妻に相談しやすい環境を作っておくことが大切です。夫との距離を縮めておくと、お金を使う予定が把握できますし、止めたり減額することができます。

6. 夫の価値観を変える

同じものでも安い方より高い方を選ぶのは、理解しがたいですが「高い方が質が良い。」という価値観が夫の中にあると考えられます。

妻が反対しても聞き入れない夫が多いですから、第三者に協力してもらって夫の考えが間違っていると認識させましょう。