妻が妊娠中の夫の心理とは?ストレスをためずに出産する方法

妻が妊娠しているとき、夫が浮気をするのは、悲しいですがよく聞く話です。何故、妊娠という大変な時期に男性は浮気をするのでしょうか。

夫に父親になる自覚や責任感がないと、不安に感じてしまいますし、苛立ちを感じます。

そういったストレスは、母体にも影響を及ぼしますから、産まれてくる赤ちゃんの為にも、ストレスは早期になくしたいものです。

今回は、妻が妊娠しているとき、浮気する夫の心理や、妊娠中に大切な心構え、ストレスの対処法をご紹介します。

妊娠中に浮気する夫の心理

妻が妊娠中は、デートなどの外出やセックスなどのスキンシップができない場合が多くあります。それに寂しさを感じたり、欲求を我慢出来ないタイプの男性は、妊娠中でも浮気しやすいです。

妻が里帰り出産を選んだ場合は、夫に一人の時間が沢山出来ます。妻が遠くに離れていると、浮気がばれるリスクは減りますから、浮気性の男性にとっては絶好の機会です。

また、マタニティブルーや産後うつなどがあるように、妊娠中は心身ともに非常にデリケートで、情緒不安定になる場合が多くあります。

身体面でも具合が悪くて、家事などが出来ないことが少なくありません。

妊娠に理解のない男性は、そういったことが嫌だと感じ、浮気に走ってしまうことがあり、妻としては、妊娠中なのに家事などを手伝ってくれない夫に、イライラしたり悲しい気持ちになります。

妊娠に大切な心構え

妊娠前に、夫に浮気をしないように釘をさしましょう。少しでも、不安要素がある場合は、子供を持つことはもう少し考えた方が良いです。

また、夫に父親になる自覚や責任感を持ってもらいましょう。ストレスは母体にも影響を及ぼします。産まれてくる赤ちゃんの為にも、ストレスを与えられる事態になるのは避けましょう。

さらに、妊娠中に情緒不安定になることや、身体的に不自由になることを、しっかり伝えることが大切です。妊娠中に浮気したり、家事に非協力な夫にならないように、事前に対処しておきましょう。

ストレスの対処法

出産後に夫を説教する

母体への影響を考えて、浮気した夫への思いや説教は、出産後にぶちまけましょう。

しかし、我慢していると苛立ちが募ります。そんな時おすすめのストレス解消法は、掲示板に夫への思いを書き込むことです。「愚痴り寺」や「ガールズちゃんねる」が良いでしょう。

PCを所有していない女性には、スマートフォンアプリをおすすめします。「トークパス」や「バブル」が有名です。

無理に家事をしない

身体的な苦痛や疲労は、母体に直接影響します。夫が家事を手伝ってくれない場合、自分でやるという選択肢しかないわけではありません。

友人や家族に頼んでみましょう。友人や家族に頼めない場合は、家事代行サービスの利用をおすすめします。

自分のプライベートな部分を見せることになりますから、羞恥心を感じる女性もいるでしょう。真面目な女性などは、罪悪感を感じることもあります。

しかし、産まれてくる赤ちゃんの為には、自分の体をいたわることが大切です。

Tags

ライター