セックスのおすすめ体位16選!セックスがマンネリ化している人は必見

記事の著者:yamato15

セックスとは愛し合うカップルが愛を表現しあうものです。日本にはそんなセックスの体位が48種類もあるってご存知でしたか?実はこの48種類、江戸時代にはすでに「四十八手」という名称で完成されていたと言われているから驚き。

今回は王道編と変わりタネ編、そしてマニアック編の3種類に分けてまとめていくので、もっと男性が興奮する体位を試してみたいという方はぜひ挑戦してみてください。

また、最近エッチがマンネリ化していたり、付き合った頃のように彼から求められることがなくなった…という女性必見なのがベッド専用香水のです。

いつもと違う体位をするだけでなく、香りにも変化を与えることで嗅覚から相手を刺激することで、普段以上に興奮するエッチにしてみてはいかがでしょうか!

王道の体位

変わりタネの前に、まずはセックスにおいて王道の正常位やバックといった、鉄板かつ確実に男性が興奮する体位やその際のコツを紹介していきます。

バックをする際には男性がさらに感じられるよう、女性側がお尻の位置を変えペニスの挿入角度を調整してあげるなど、王道の体位でも少しの工夫でより興奮するセックスにすることが可能です。

まだ実践できていないことがあれば、ぜひ参考にしてみてください。

1.正常位

江戸四十八手では「しがらみ」と言う、セックスの中ではもっとも王道の体位。女性器がいわゆる「上付き」といってお腹に近い方にあると、男性が気持ちいいと言われています。

仰向けに寝た女性の上に男性が覆い被さり、女性の足は自然に伸ばしたまま挿入する形で、男性は両手が自由に使えるようになるので、そこからさらにおっぱいやクリトリスを触れるというメリットがあります。

また、正常位の際には女性が少し腰を浮かせてあげるのがおすすめ。ペニスがより奥に入りやすくなるだけでなく、女性側も自分の気持ちの良い場所にペニスが当たるようになります。

もっと感度の良いセックスを楽しみたいという方にはがおすすめです。患部に塗るだけでじわじわと潤いと感度が増していき、情熱的なセックスを味わうことができるでしょう。

2.騎乗位

寝た状態の男性の上に女性が跨り動くスタイルで、多くの男性から指示される体位です。

気持ち良いという他に、頑張って動いてくれる女性の顔が見られるから、自分が動かなくて良いので楽、そしておっぱいがより乱れ揺れているのが見れるから。という理由が挙げられます。

より騎乗位で男性を興奮させるために、挿入部分がよく見えるよう上体を後ろに反るような体勢で腰を動かしてみてください。結合部分がよく見えることで、さらに男性の視覚を刺激することができます。

3.バック

四十八手では「ヒヨドリ越え」と言い、四つん這いになった女性を後ろから突く体位です。動きやすさに加えて、寝バックや立ちバックなど、さまざまに派生させることができるのが特徴的。正常位とは反対に、「下付き」の女性相手だと、男性が気持ちいいと言われています。

挿入しながらお尻をわしづかみにしたり、軽くたたいたりして「征服感」を得られることも人気の理由のようで、特にSっ気がある男性にとても人気です。お尻フェチの方もこの体位を好みます。

また、バックはペニスの挿入の角度がその気持ちよさを大きく左右します。バックをしていてうまくいかなかったり、あまり気持ちいと感じれなかった場合は、女性からお尻の角度を調整してみてください。勃起時のペニスの角度は人によって異なるので、自分たちに合う角度を見つけるだけで気持ちよさはかなり変わってくるはず。

4.寝バック

バックの派生形で、女性が下、男性が上で男性が覆い被さるように寝た状態になるものです。

バックからなし崩し的に寝バックに移ることのがおすすめ。膝立ちが疲れてきた男性にとっては比較的楽な姿勢ですし、体が密着する面積が大きいので、女性側は精神的な安らぎも得られます。

5.立ちバック

こちらもバックの派生系で、立った状態で女性が壁に手をつき、男性が後ろから挿入する形。お互いが立ってエッチができるので、野外などで特に行われる体位です。

また、鏡や窓に手をつき視覚的なエロさをさらに高めることでより男性が興奮するので、普通のバックや寝バックに飽きてしまったというカップルにはおすすめ。

6.対面座位

座った男性の上に向かい合って女性が座る座位。深い挿入が期待できる上に、お互い見つめあうことも抱き合うこともできるので、男女ともに満足度の高い体位です。

抱き合ってセックスをすることでより密着度が高まりますし、文字通り、目の前で激しく揺れるおっぱいを見ることができるので視覚的な興奮も大いに得られます。

ただし、少し腰に負担が掛かるので、あまり無理のない程度に動くのがおすすめです。

7.69(シックスナイン)

寝転んだ状態でお互いの顔がお互いの股間にくるように抱き合った体位です。シックスナインと聞くと、できたばかりの体位のように聞こえますが、江戸時代から伝わる体位のようです。

四十八手では「椋鳥(むくどり)」と呼ばれ、昔から愛されていたようです。普段は見えない陰部が目の前にくることで恥ずかしさと興奮、そしてダイレクトな快感を同時に得ることができます。

男性の方が女性よりも”見られる”ことに関してオープンなところがありますので、男性からの支持の方が厚いようです。

8.フェラチオ

男性器を女性が口でご奉仕してあげるというものですが、江戸の四十八手にも「雁が首(かりがくび)」と言う名であり、れっきとした体位の一つです。

口内の柔らかさや温かさは体感的にも気持ち良く、優しく触れる女性から愛情を受け取りやすい体位の一つではないでしょうか。

そして、フェラチオでさらに男性を興奮させるためには音を意識することが不可欠。自分のペニスを加えさせているという視覚的なアプローチだけでなく、聴覚にも働きかけることで五感を一気に刺激することが可能になります。

変わりタネ体位

ここからは普段なかなか耳にしないであろう、変わりタネの体位を見ていきましょう。

ペニスが膣の奥深くまで入ることで男性がより興奮する達磨返しや、鏡の前で行うことで視覚的なエロさ存分に増す乱れ牡丹など、名前だけでインパクトのある体位がたくさんあるので、ぜひ出来そうだと思ったものから試してみてください。

9.駅弁(抱っこセックス)

男性が立っている状態で、向かい合った女性を抱っこするように抱える体位です。

AVなどでよく見かけますが、実際にしようと思うと抱っこをしながらセックスをすることになるので、結構体力がいるものでテクニックも必要。男性としては快楽よりも自信がつくなどの、憧れ的なものが強くあります。男性的な力強さが大きく出るのが魅力で、女性の好感度も高いです。

必ず抱き合うことになる体位なので、密着感は抜群に得られます。

10.締め小股

正常位で下になっている女性が、足をクロスさせて両太腿を密着させるのが締め小股。足をクロスすることで女性器の締め付けがきつくなり、男性を快楽へ責め立てます。

締め小股も寝ながら抱き合っているような体位になるので、女性側も密着感や安心感を得られるおすすめの体位です。また、この体位は女性が行きやすい体位の1つです。

ペニスの抜き差し時にクリトリスを刺激するため、膣とクリトリスを同時に責めることや女性の姿勢がイクのに最も適した形になっているため非常に感じやすくイキやすいのです。

11.窓の月

二人ともが横向きで寝ている状態でのバックをすること。二人で同じ方を向き、同じ月を見るということからこの名がついたようです。

女性が片足を上げ、横寝でバックの形で挿入することで、より自由に挿入角度や深さを調整できるので、いつもとは違った体勢ながらも確実に気持ちの良いポイントを探せるのでおすすめの体位。

横向きで寝ながらセックスをすることになるので、お互いの動きに無理がなく、スローセックスを実践するときに向いています。

12.達磨返し(だるまがえし)

正常位のまま、女性の足を曲げて膝を抱えるような姿勢になります。

膣の深い部分まで挿入できるので男性が大いに気持ち良さを感じられる上、女性もGスポットに当たりやすいので好まれることが多いですが、体が硬い人には少し難しい体位。

その他さまざまな体位に挑戦するためにも、日ごろから軽いストレッチをしておくのがおすすめです。

達磨返しだけでも十分快感を得ることができますが、さらに大きな快感が欲しいという方にはがおすすめです。患部に少量塗って、軽くマッサージをするだけで、普段よりも感じやすい身体に変わります。

13.乱れ牡丹

いわゆる背面座位のこと。座った男性の上に後ろ向きに女性が座り、足を大きく広げる座位です。

女性のうなじが男性の目の前に来ることで男性の興奮を高めることができます。

鏡の前で行えば、うなじだけでなく挿入部分を含めて女性の全身を眺めることもできるので、視覚的なエロさは一気に高まります。

マニアック体位

ここからはマニアックな体位を紹介していきます。ほんとにそんな体勢で挿入して、楽しいのか疑ってしまうような体位が存在します。

興味を持ったら、ぜひ試してみてください。

14. 押し車

かなりアクロバティックな体位です。身体を動かすことが好きな方や身体が柔らかい方は、より楽しむことができるでしょう。

状態としては、まずは女性がひざまずく状態のバック体位から、男性が女性の足の付け根を持ちあげます。女性は手を伸ばし組み体操の手押し車の状態で前に進み、身体が浮いた状態のまま男性が挿入し、ピストン運動をします。

かなり、疲れますが一箇所だけでなく色んな部位にあたるので、一度で多くの快感を得ることができます。

15. 砧

体勢としては最もマニアックなものの一つなのではないでしょうか。まずは女性が仰向けになり、膣が天井に向くように腰を真上に曲げます。そして男性は、後ろ向きに女性の腰に座るようにし、上から膣にペニスを挿入します。

ペニスが女性の膣の粘膜に強くこすれるので、いつもと違った快感を得ることができますし、顔を合わせてのセックスではないため、性器の快感に集中することができます。

16. 虹の架け橋

お姫様抱っこのような体位です。男性があぐらを組んだ状態で座り、その上から女性が横向きに座り、ペニスを挿入。女性は男性の首に両手をまわし、男性は女性の腰を抱えこむようにして支え、ピストンします。

お互いの顔が近くなりキスもしやすく、胸を揉み合ったり、乳首を吸い合うといったイチャイチャも楽しめる体位となっています。彼氏に甘えたいときなどにおすすめです。

この他にも48手すべてを見てみたいという方は、以下のリンク先にて紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

関連記事:完全網羅!四十八手のセックス体位を徹底解説

セックス体位まとめ

王道編と変わりタネ編に分けて、さまざまな体位を紹介してきました。視覚や聴覚を刺激することで、男性の興奮が大いに高まるので、気になったものがあればぜひ試してみてください。興奮度の高いセックスができれば、より愛情が深まり、良い関係を築けること間違いなしです。

しかし実際には、自分から彼に提案するのは恥ずかしい…という人も多くいるでしょう。そんな方々にオススメなのがベッド専用香水のリビドーロゼ。

こちらの香水には男性ホルモンの分泌を促す成分が含まれていて、嗅覚から彼氏を刺激することで2人のムードをより一層高めてくれます。

累計30万本売れていて、普段使いも可能な香りのリビドーロゼは、マンネリ化したセックスを自然と解消したい方におすすめです。