「出産リミット」とは?:焦らないよう早い年齢から準備が必要

「まだ産めるでしょ」と思っていても、実際に何歳までなら出産が望めるのか、女性なら知っておきたいものです。

高齢出産が増えてきているため、出産リミットに関して焦りを感じない女性も多いですが、気が付いたらもう子供を望めない年齢だったというのも悲しい話です。

そもそも高齢出産にはリスクを伴いますし、あらかじめ出産リミットについて知識をつけておけば予測して行動を起こすことができます。

後で後悔しないためにも、今回は出産リミットとは何歳までのことを言うのか、そして何に気をつければ良いのか、要点を整理してみましょう。

35歳までに出産したいという人は多い

実際のところ、世の中の女性は何歳までに出産したいと思うものなのでしょうか。結婚や出産を意識し始める年齢は20代後半が多いですが、リミットとして考えているのは「35歳まで」が多いと言われています。

では、35歳までなら安心して子供が産めるのかと言えば、そういうわけでもありません。というのも、世の中の風潮として35歳以降は高齢出産と呼ばれることが多いので、皆35歳までに…と思うだけなのです。

実際のところ、卵子の力は33歳頃から落ち始めると言いますし、子供を授かりやすい年齢を言うならリミットとしては33歳になるでしょう。不妊に悩むことなく出産したい、そう考えるなら33歳までには出産を考えたいところです。

不妊治療をしている人の年齢の割合は?

不妊治療をしている人の割合なども考えていきたいところです。

20代で不妊に悩む人は全体的に見ても少ない傾向にありますが、やはり35歳以降で不妊治療をしている人は20代女性と比べると数倍以上にも及びます。

年齢を重ねれば重ねるほど、やはり子供を授かることは難しくなっていく傾向になっているのは明らかでしょう。

なるべく早いうちに妊娠を考えよう

高齢出産を避け、33歳までに出産したいと望むのであれば、なるべく早めに動いておく必要があります。33歳目前で意識すれば良いで済む話ではないのが、出産というものです。

まず、いざ妊娠したいと思っても、自分たちが望んだタイミングで赤ちゃんがお腹に宿ってくれるわけではありません。避妊することを辞めても、妊娠しづらい体質であればすぐに妊娠は望めないでしょう。

つまり、いつ妊娠することになるか分からないということも含めて、なるべく早めに出産を意識し始めることがとても大切になってきます。33歳までに産みたいのであれば、遅くとも30歳までには出産に向けて動き出している必要があります。

出産リミットを迎えると高齢出産になってしまう恐れがあり、高齢出産は非常に大きなリスクを伴うものです。不妊になれば治療代は非常に高くつきますし、高齢出産の場合は帝王切開でつらい思いをすることにもなりかねません。

出産リミットのことは相手にもしっかりと話し、一緒に出産に向けて早めに動いていくことが大切になるでしょう。

Tags

ライター