別居中の生活費はどうすればいい?払おうとしないパートナーへの対処法

今回は別居していても貰うことができる生活費について紹介していきます。

婚姻費用を貰えなかった場合はどうすればいいのかなど、現在別居を希望している人はぜひチェックしてみてください。

無知ほど怖いものはありません。別居の前にお金のことをしっかり理解しておくことが自分自身を守ることに繋がります。

別居中でも生活費を貰うことができる

別居していても生活費を貰うことはできます。一般的な夫婦は妻よりも夫の方が収入が多いため、収入の多い夫が、たとえ別居中であっても生活費を渡す必要があるのです。

もちろん妻の方が夫よりも収入が多い場合は、妻が夫に生活費を渡す必要があります。

この別居中に貰うことができる生活費のことを婚姻費用といい、この婚姻費用は法律で決められているものです。

夫婦には同じ生活レベルで暮らすことができるようお互いに助け合う、生活保持義務というものがあるため、浮気・DVなどどのような理由であっても離婚していないのなら、生活費を渡す義務があるのです。

ちなみにこの婚姻費用はいくらというのは決まっていません。夫の年収によって貰える額は変わってきます。

例えば、年収1,000万円と400万円なら年収1,000万円の旦那を持つ妻の方が婚姻費用は多く貰えるということです。

また、この婚姻費用に養育費が含まれているケースが多いので、子どもが居ての別居の場合はしっかり養育費を含めた金額を貰うようにしましょう。

しかし多くの婚姻費用は婚姻費用算定表を使って決められることが多いです。これは支払う側、貰う側、子どもの数、子どもの年齢によって算出されます。

ケース別対処法!

次に、旦那が婚姻費用の支払いを拒否した場合や、どのような場合に支払う義務があるのかなどケース別の対処法を紹介していきます。

もし婚姻費用を貰えなかったら

婚姻費用を支払うのは義務です。しかし婚姻費用を支払いたくないという旦那は少なくありません。もし旦那が婚姻費用を支払ってくれない場合、婚姻費用分担請求調停の申し立てを行いましょう。

この申し立ては家庭裁判所で行われ、申立書・夫婦の戸籍謄本・申し込んだ人の収入の証明・支払う側の収入の証明が必要となります。

婚姻費用は請求した時からもらうことができます。そのため、貰えない場合はすぐに請求するようにして下さい。そして離婚した時、また同居に戻った時まで貰うことができます。

支払わなくていい場合がある?

婚姻費用は義務ですが、お互いに生活していくだけの稼ぎがある場合は必要ないといえるでしょう。また収入が夫婦で変わらない場合はほとんどもらえません。

しかし子供がいる場合は別です。子供がいる場合は、養育費を支払う義務があるので養育費として婚姻費用を支払う必要があります。

また旦那に原因がないにも関わらず、妻が出て行ってしまった場合にも支払う必要はないとされています。もし申し立てされた場合は、自分に落ち度がないことをはっきり主張しましょう。

実家に帰った場合の婚姻費用は?

家を出ていった妻が実家に子供と身を寄せている場合の婚姻費用についてですが、たとえ実家に帰っていたとしてもそこはもう妻の家ではありません。そのため婚姻費用を支払う場合があります。

まとめ

別居中の婚姻費用の問題はあらかじめ話し合って決めておくのが理想といえます。

これは別居中や離婚準備においてとても重要なポイントです。しかし実際のところ、夫婦関係の悪化で別居するわけですから、それは簡単なことではないでしょう。

そのため、無理のない金額を相手に認めてもらうことが最も良い選択といえます。今後も問題なく生活するための基礎知識としてぜひ参考にしてみてください。

Tags

ライター

www.seotexts.com

читать далее

askona.ua