別居後に子供を連れ去られてしまった:確実に子供を取り返す方法

別居後、旦那あるいは妻が子供を連れて家を出ていってしまった。

一足早く保育園の迎えに行かれ、そのまま子供を連れていかれてしまった。

「勝手に連れていったら誘拐として警察に行くからな」と脅されてしまった。

この様な場合、子供を取り返しに行っていいのでしょうか、あるいは誘拐犯になってしまうのでしょうか。連れ去られてしまったときの対処法と、子供を取り返す方法についてご紹介していきます。

別居後子どもをどちらが連れていくかで揉める

別居にまつわる子供のトラブルで多いのは、子どもをどちらが連れていくか、という事。

子どもの年齢が中学生や高校生など大きいのであれば学校を転校したくないのでこの地に残る方と一緒に住む、また母親(父親)と一緒に住むと、子供が選ぶことができます。子どもの気持ちが優先になるので、親の気持ちを押し付けないようにする必要があるといえるでしょう。

しかし問題は子供が小さい場合です。どちらも子供を連れていきたいということでトラブルが発生するのです。

どちらも実の子であるわけなので、連れていきたいという気持ちは痛いほど分かります。

しかし別居となる場合はどちらかしか子どもと一緒に暮らすことはできません。

子供を連れていくことができないことへの怒りで、相手が勝手に子供を連れて出て行ってしまうといったケースがあります。

もし勝手に子供を連れて出て行ってしまわれたら、どうすればいいのでしょうか。2つ方法を考えてみましょう。

連れていかれた場所を突きとめ、返して欲しいと訴える方法

この方法は、なかなか難しいようです。居場所が分からないというケースもあります。また行っても合わせてくれない、話も聞いてくれない場合もあるそうです。

家庭裁判所へ行き申し立てを行う方法

勝手に連れ出された場合、警察に行かなければならないのではと思われるかもしれません。しかし戸籍ではまだ夫婦の関係なので、この場合警察は動いてくれることはないでしょう。

まず家庭裁判所で子の引き渡し請求を申し立てする必要があります。調停は申し立てがあってから1ヵ月後に行われ、その後の調停も月に1度のペースだったりと、ゆっくりとしか動いてくれません。

期間が長いので申し立てを行って自分で取り返そうとする人もいますが、原則として認められていないのが現状です。

また申し立てをしたからといって必ず子供が元に戻ってくるという保証はできません。子供を連れ出されたら申し立てをすることができますが、子どもが小さく、連れ去った方にDVなどの人権問題がない場合は難しいです。

しかしこちらの方法の方が確実に子供を取り返せる確率が高いでしょう。

子供を連れ去られないためにできること

勝手に連れ出されてしまわないように、別居が決まったらすぐに行動を開始して下さい。もし保育園や幼稚園に子供を預けている場合は一旦休ませるようにして下さい。なぜなら迎えにきてそのまま連れていかれる可能性が高いからです。

迎えにきてそのまま連れていかれるというケースなら小学生でも同じですが、小学生以上なら自分の意思がはっきりしているので、もし連れ出されても子供がもう一方の親の元に行きたいといえばいくことができます。

トラブルが大きくなる前に、子供を連れて行かれないための対策をしておくことが大切です。

Tags

ライター