どうしても二世帯同居をやめたい:同居を解消する方法4選

今同居をしていて、同居をやめたいと思っている方はいませんか?同居を解消したいと思っている方は多いようです。しかし一度同居してしまうとなかなか解消することは難しいです。

今回は同居を解消するためのおすすめの方法を紹介していきます。同居をやめたいと思っている人はぜひチェックしてみて下さい。

妊娠したタイミングで同居を解消する

同居をしている環境にもよりますが、もし同居していてスペースが1部屋しかなく、他に使える部屋がなかった場合、妊娠を機に同居をやめることができるでしょう。

今使える部屋が1部屋しかない場合、今後子どものモノが増えてくるのにどこに置く場所があるのか、また子どもが大きくなったら部屋はどうするのか、ずっと親子3人で1部屋は厳しいでしょう。今後兄弟ができる可能性もあります。

妊娠を機に広いスペースの取れる家に引越します、という方法があります。

またもし同居している家が田舎だった場合、子育てするのに向かない環境なのでという理由で同居を解消することもできるでしょう。家の近所に同い年の子どもがいない、学校が遠い、保育園の数も少ないなどの理由で同居を解消する方法があります。

「子どものことを考えて」別居したいという旨を伝えましょう。

子どもの就学にあわせて同居をやめる

高校生には、片道1時間以上かけて通う子や寮や下宿に入り遠くの高校に通うという子がいます。子どもがもし家から通うのが厳しい場所にある高校に進学したいといい出した時はチャンスです。

「遠くの高校に通わせるのはかわいそう」「寮や下宿は心配」という理由で同居を解消することができるでしょう。今後の大学進学も見据えてと話をすればさらに解消しやすくなるかもしれません。

一人暮らしをさせると学費、家賃や光熱費、生活費とお金がとんでもなくかかります。そのため同居を解消し交通アクセスの良い立地に引っ越すのでと伝え同居を解消するという方法もあります。

離れ、または近くに家を建てる敷地内同居

もし同居している実家の敷地が広い場合は敷地内同居という選択肢もあるでしょう。同じ敷地に住むことにはなりますが、もちろん台所は別、トイレも別、玄関も別となるのでストレスは少なくなるでしょう。

敷地内に住んでいるので何かあった場合でもすぐに助けることができるので、親もOKする可能性が高くなります。

近くに土地があれば近くの土地を買って家を建ててもいいかもしれません。しかし家を建てることになるのでお金がかかります。そのため一生懸命働いてローンを返していかなければなりません。しかし同居のストレスを解消されることができるのです。

もし同居している家が狭ければ狭くなってきたので…という理由ででもいいでしょう。遠くに住むことになれば嫌という親は多いかもしれませんが、近くに住むことになるのならとOKする親は多いようです。

転勤、転職をきっかけに別居する

夫の転勤や転職をきっかけに同居を解消するという人は多いようです。夫の転勤の場合、単身赴任という方法もありますが、夫婦は一緒にいるべきですよね。夫の転勤をきっかけに同居を解消する方は多いようです。

また転職によって同居を解消する方法があります。同居している家から遠いところに転勤してもらうことで同居を解消できる可能性が高くなるでしょう。

あなたも働いている場合は、あなたも職探しをしなければならなくなるかもしれませんが、転勤や転職によって同居を解消するという方法もあります。

穏便に同居を解消するためにも、家族でしっかり話し合ってみてください。

ライター