ダンサーの給料・年収まとめ:収入は不安定だが大成する可能性も!

歌手の後ろで踊ったり、テーマパークでパフォーマンスをしたりと、ダンサーは華やかな職業のイメージがありますよね。しかし、私たちが目にする場所で活躍するまでに、ダンサーがどのような経験をしているかはあまり知られていません。

この記事では、ダンサーになるために必要なこと、活躍の場、給料などをご紹介します。

ダンサーになるには

まず、プロのダンサーになるために必要なことをご紹介します。

基本スキルを身に付ける

ダンサーになるのに必要な資格はありません。しかし、基本スキルを習得しなくてはプロの世界で通用しませんから、専門学校またはダンススクールに通う必要があります。

専門学校では、特定のジャンル(ストリート、モダン、バレエなど)に強い学校、ショー(テーマパーク、ミュージカル)のダンスを学べる学校など、さまざまな特色の学校があります。

また、専門学校では、プロのダンサーから業界の話を聞けたり、就職サポートが受けることも可能です。

一方、ダンススクールに通ってレッスンを受けることもできます。ダンススクールのメリットは、高校や大学に通いながらレッスンを受けることができる点です。

専属ダンサー/フリーダンサー

プロダンサーは、ダンサー事務所や劇団に所属する専属ダンサーと、フリーランスで活躍するフリーダンサーとに大きく分けられます。

専属ダンサーと言えども所属先から常に仕事をもらえるわけではなく、ダンスレッスンしながらオーディションを受けます。そして、ダンサーとして実績を積みながら人脈を広げれば、フリーダンサーとして独立する道も開けるでしょう。

フリーダンサーは、文字通り組織に属さずに活動しているダンサーです。オーディションに挑戦したり、今までの人脈を活かして仕事を紹介してもらいます。

ダンサーの活躍の場

一口に「ダンサー」と言っても、歌手の後ろで踊るバックダンサーの他、イベントやテーマパークで踊る、舞台やショーのキャストとして踊るなど、活躍の場は多岐にわたります。

また、パフォーマンスの仕事だけで生活できるダンサーは少数派で、ダンススクールのインストラクターを本業または副業としているダンサーも多いです。

一方、EXILEやE-Girlのように歌手と同じ立ち位置で踊るパフォーマー、他のダンサーに振付をする振付師として大成するダンサーもいます。

ダンサーの給料

ダンサーは、サラリーマンのように決まった額の月給をもらえるわけではなく、仕事ごとにギャラをもらいます。ギャラは、仕事の内容、ダンサーの能力・知名度・経験によって大きく異なります。

イベントでは1ステージごとに3万円前後、バックダンサーは日給6,000~10,000万円程度が一般的です。また、舞台のギャラは配役ごとに大きく異なりますが、公演期間分のみが支払われ、リハーサル中のギャラは発生しません。

さらに、パフォーマーや振付師として大成すれば1,000万円以上の年収も夢ではありませんが、ごく一握りのダンサーに限られます。

このように、ダンサーは、仕事の多い時期と少ない時期で収入の差が大きくなる不安定な職業と言えます。また、仕事の量は調整しやすいですが、日々のトレーニングが必要不可欠なので、家事・育児と両立するのは簡単ではありません。

Tags

ライター