毎日の子育て&仕事をハッピーに両立させるコツ5選

子育てをしながらハードな仕事をしているママはたくさんいます。体力的にハードな仕事をしている人、勤務時間が長くハードな人、どんな仕事も大変なものです。

そして家に帰れば食事の準備や、洗濯に掃除。自分の時間すら作れないママはたくさんいるのではないでしょうか?

そこで今回はハードな仕事をしているママが、子育てをしながら仕事を楽しく乗り切るためのコツをご紹介します。

子どもにも仕事を与え責任感を持たせる

子どもが小学生くらいなのであれば、子どもに家事をお手伝いしてもらいましょう。

ハードな仕事をしているママには時間がありません。しかしやらなければならないことはたくさんあります。毎日食事や洗濯、掃除、ときには家で仕事をしなければならないこともあります…。

もちろん簡単なことでいいのです。お風呂掃除や玄関の掃除、洗濯ものを自分の分だけ畳んでもらうなど簡単なことでもいいのでお願いをしてみましょう。それだけでもハードな仕事をしていて時間がないママにとってはとても助かるはずです。

また一緒に家事を行うことで子どもとコミュニケーションを取る機会にもなります。子どもはママが大好きなので、ママの役に立てることがなによりも嬉しいのです。お手伝いをしてもらったら「ありがとう」と言ってあげてください。子供の自信にも繋がります。

親に手伝ってもらう

ママが頑張りすぎて体調を崩してしまっては元も子もありません。そのため近くに親、義理の親が住んでいる場合は助けてもらいましょう。手伝ってもらい、自分の仕事量を減らすことがハードな仕事を乗り切るためのコツです。

「助けてもらえているから仕事ができる」ということを親や義理の親に伝えられていれば、きっと気持ちよく子どもを見てもらえることができます。お互いに大変なときは助け合えるような関係を作って行くためにも最初だけ勇気をだしてお願いをしましょう。

感謝の気持ちを忘れなければ、今後も仕事を続けることができるでしょう。

ファミリーサポートを利用する

ハードな仕事をしているママは、親や義理の親に子育てを手伝ってもらっている場合が多いですが、近くに頼れる親がいないという働くママもいるでしょう。

そんな方におすすめなのがファミリーサポートです。地域の住民同士で子育てを助け合うサービスで、厚生労働省が構想して設立した事業です。

ファミリーサポートでは保育園のお迎えやお迎え後、親が帰ってくるまでの預かり、習い事に連れて行くなどのサポートを行っています。

ハードな仕事をしているママは、急な残業を任されてしまうことも…。そんなときにファミリーサポートに登録をしていけば子供のお迎えが遅くなったときでも安心です。

料金も1時間800円〜1,000円程度と利用しやすい価格になっています!ハードな仕事を乗り切るためには子育て支援のサービスを上手く利用することもコツの1つです。

交流の場を持つ

最近ではSNS内で働くママコミュニティーの場や、土日にランチ交流会が開かれていることもあります。気分転換にもそういう場に行ってみるのもいいでしょう。

ハードな仕事をしているママは、なかなかママ友ができないという悩みがあったりしませんか?保育園のお迎えのときにゆっくりママ友と話す時間や、ママ友とランチする時間はあまり作れないでしょう。

しかし同じようにハードな仕事をしながら子育てをしているママと出会うことで、「この悩み私だけじゃないんだ」「同じように頑張っている人がいるんだ」と共感や悩み相談をすることができ、精神的に楽になります。

頑張り過ぎないこと

ハードな仕事をしながら子育てをするためには頑張り過ぎないことが大切です。どこまでは1人で頑張って、どのような状態になったら周りにお願いするのかラインを決めておくといいかもしれません。

すべて完璧にこなす必要はありません。辛いときには休むことも必要ですし、手を抜いたり、助けを求めたりすることも必要です。頑張りすぎると体調を崩してしまう原因にもなりかねません。

自分ができる範囲で子育てと仕事をうまく両立させてください。

ライター