妊婦中でもできる仕事探し5選:派遣会社に登録してみよう

妊娠したことをきっかけに退職する女性は多いです。しかし退職したことで金銭面に不安になりやっぱり少しでも働きたいと思う方が多いようです。妊娠中の仕事探しにはどのような方法があるでしょうか?

また妊娠中に頑張っておけば産後働きやすくなる方法も同時に紹介していきます。今回は5つの方法を紹介します。

派遣会社に登録する

実は妊婦さんはバイトやパートで働くよりも派遣会社に登録して働く方がいいのです。派遣会社に登録していると、派遣会社があなたにぴったりの会社を探してくれます。

短期間、短時間、妊婦となると働き口を見つけるのはなかなか大変です。しかし紹介してくれるとなると安心して働くことができます。

デスクワークが多いので働きやすいです。妊婦さんやママのサポートを行っている派遣会社があるので、そのような派遣会社に登録し仕事を探すのがおすすめです。

体力仕事を勧められることもありますが、厳しいと感じた場合は派遣会社に言いましょう。他の仕事を紹介してくれます。あらかじめデスクワーク希望と言っておくのも手でしょう。

ママのサポートも行っているので、産後もそのまま利用することができるのも嬉しいです。旦那が休みの土日だけ働きたいという働き方も派遣に登録しておけば実現しやすいです。

求人をチェックしてみる

タウンワークなど大手バイト求人サイトで妊娠中というワードで検索してみましょう。妊娠中でも働くことができる職場がヒットします。

妊娠中でも仕事をしないとならない人もいるでしょう。ヒットした中に気になる職場があった場合は連絡してみてください。

しっかり状況を説明して、妊娠中に無理なく働けそうなところを探して下さい。対応の良くないところは条件がいくらよくてもやめた方がいいでしょう。対応がよく体に負担をかけずに働けるところを探すようにしてください。

クラウドソージングをチェックしてみる

クラウドソーシングとは、ネットを介して不特定多数の人に仕事を依頼、発注することを指します。

家に居ながら仕事をすることができ、今後ますます注目されること間違いなしな働き方です。怪しいところも中にはありますが、大手のところなら安心して仕事を行うことができるでしょう。大手企業だとランサーズやUpworkがあげられます。

仕事=外に出て働くことではありません。今は家に居ても仕事ができるのです。

知り合いに聞いてみる

「妊娠中に雇ってくれるところないかな」と身内や友達に話してみましょう。「人手不足だから短期間でも入って欲しい」と言われる可能性があります。また1~2ヶ月だけ来て欲しいと短期を探している場合もあります。

まずは身近の人に話しておきましょう。もしかするといい仕事を紹介してくれるかもしれません。

資格取得で今後の就職を有利に

妊娠をきっかけに仕事を退職するという女性は多いです。育児休業をきちんととれる企業はまだまだ少ないのが現状です。

産後子どもが生まれてからの生活を考えて、勤務時間などで厳しい部分があり、仕方なく退職したという人など退職理由はさまざまです。

退職したということは、出産まで時間があるということです。気持ちも楽になりゆっくりする時間を作ることができるようになります。この時間を勉強に当ててみませんか?資格を取得し産後仕事を探す時に探しやすく、また採用されやすくなるような資格を取得していきましょう。

医療事務、調剤薬局事務、簿記などの資格が就職する際に有利です。また事務の仕事なので体力仕事はありません。そのため長く働くことができる仕事だといえるでしょう。自宅で勉強し資格を取得することができるので妊婦さんにぴったりです。

Tags

ライター