完全母乳で育てた子供を保育園に預けたら?問題と解決方法を紹介!

完全母乳にはメリットが多いとされているため、完全母乳で育てたいと思っている方も多いでしょう。

赤ちゃんとずっと一緒にいれれば可能かもしれませんが、仕事があり保育園に預けなければいけなくなった場合はどうしたらいいのでしょうか。

完全母乳で育っていきた赤ちゃんを保育園に預ける事になった時、どのような問題が生じるのか、2つの問題と解決策を紹介していきます。

1.ミルクを飲まない 

完全母乳で育った子は、ミルクを受け付けない場合があります。

仕事が始まると朝から夕方まで保育園に預けないといけなくなるので、母乳しか受け付けないとなると、とても大変です。

ミルクを飲まない時の解決策① 

搾乳の大変さを考えて保育園に預ける事になったら、まずは家で少しずつミルクや離乳食にならしていくのがいいでしょう。

それでもせっかくここまで完全母乳で育てたので、引き続き母乳のみで育てたいという方は、搾乳した母乳を冷凍保存し保育園では先生にそれを使ってもらう方法です。

搾乳する手間がありますが、赤ちゃんが飲まないタイミングで搾乳をして冷凍しておけば、朝の忙しい時間でもスグに持って行けて便利です。

この場合は保育園によってルールが異なりますし、先生の負担も増えることなので園に相談してみてください。なお、冷凍保存をする場合は専用のパックが売っていますので、それを使うようにしましょう。

ミルクを飲まない時の解決策② 

ミルクではどうしても飲んでくれない、ミルクは飲ませたくないという場合に、搾乳した母乳を仕事中に抜け出して保育園に届ける方法もあります。

ただし衛生的な問題などを考慮すると、常温での持ち歩きは30分以内が良いとされているので注意が必要です。また、職場での人間関係も大切なことなので、上司や仲間と相談して慎重に判断しましょう。

最近は衛生的にも心配が少なく、母乳を冷凍しても味もほとんど変わらないグッズがたくさん出ていますし、完全母乳を目指しているママも多くなってきて、保育園でも冷凍母乳を預かってくれるところが増えてきています。

それらをうまく活用してみると良いでしょう。

2.哺乳瓶で全く飲まない 

保育園が決まったら、入園前に哺乳瓶で飲めるように練習しておきましょう。これまでおっぱいから飲んでいた子は、哺乳瓶になると全く飲んでくれなくなる子もいます。

哺乳瓶の乳首が嫌だという子もいれば、中身がミルクだから飲まず母乳に変えたら飲むようになったという子もいるので、何が原因で飲まないかを探るために乳首を変えてみたり、味を変えてみるなど色々試してみるといいでしょう。

まとめ 

断乳するまでの仕事と育児の両立は特に忙しく、毎日ヘトヘトになるかもしれません。

しかし、赤ちゃんがおっぱいやミルクを飲んでくれる期間は人生のうちのほんのわずかの間だけ。と考えればかけがえのない愛おしい時間にもなるでしょう。

仕事で一緒にいられない時間の分だけ、愛情も注げるかもしれません。保育園にも協力をしてもらいながら、無理をせずに楽しんでいくのをおすすめします。

Tags

ライター

у нас avtopoliv-gazonov.kiev.ua

читать дальше www.rezeptfrei-viagra.com

Best books for career