親権争いで母親が有利な理由とは?子どもの面倒を見られるかが重要

離婚することになった時、心配事の一つが子供の親権です。母親としては絶対に親権を勝ち取りたいところでしょう。

母親が親権を勝ち取るために有利になるのはどのような時でしょうか。また、母親が親権を勝ち取れない不利な状況

親権は基本的に母親が有利

一般的には多くの場合、母親が親権を得られます。世間的にも、子供が小さいうちは母親が育てた方が良いとされているからです。

ちなみにこの親権とは法律的には「身上監護権」と「財産管理権」に分けられます。身上監護権は子供の生活全般を見守る権利、財産管理権は子供に代わって財産を管理する権利です。

母親が親権において有利だと言われているのは、この身上監護権も関わってきます。その理由は、親権を判断する際に重要視していることの一つが、現在子供の世話をしているのは誰かということだからです。

離婚によって出来るだけ子供の生活が変わらないように、現在の生活を維持する必要があります。夫婦が別居していて、母親と暮らしていれば、現在世話をしているのは母親です。そのため母親が有利になります。

実際、子供を連れて別居する母親は多いため、母親が有利になりやすい要因の一つとなっています。

専業主婦でも親権は取れる?

今まで専業主婦だった人が離婚して自分で生活していくことはとても苦労するでしょう。それでも親権は勝ち取りたいと思っている母親が大半です。専業主婦というと、収入がほぼないに等しく、あったとしても自分だけで生活することが精一杯という人は多くいます。

そんな専業主婦でも親権は勝ち取れるのでしょうか。

実は、必ずしも夫婦の収入の違いが親権の判断基準に含まれるとは限りません。子供の幸せを第一に考えた時に、お金があれば必ず幸せになれるわけではないからです。専業主婦であったとしても、普段から子供の身の回りの世話をしていれば親権は取れるでしょう。

ただし、親権が取れてもお金の件は解決するわけではありません。自分も子供も十分生活ができるような仕事を探しましょう。

親権が取れない理由とは?どんな場合に不利なのか

母親が有利だと言われている親権ですが、そんな有利な場合でも母親が親権を取れないケースがあります。

それは、子供を育てることに問題があると判断された場合です。例えば子供を虐待する、ほったらかしにして世話をしない、ギャンブルにはまっていて借金があるといった場合は、有利な母親であっても親権を勝ち取ることはできないでしょう。

また、別居時に母親と子供が離れて暮らしているケースも、母親が親権を勝ち取れないことがあります。それはすでに話した通り、現在誰が子供の世話をしているかが親権の判断にとって重要な役割を果たすからです。

父親が勝ち取るパターンは?

親権においては母親が有利ですが、父親が勝ち取るパターンはどういった場合でしょうか。

まずはすでに話した、母親が子供の世話をしない場合です。子供の幸せを考えた時に、子供の世話をできない人に親権を渡すことはできません。

次に、別居時に父親と子供が一緒に暮らしているパターンです。離婚時に、現在子供の世話をしている人が親権有利となりやすいので、子供と一緒に暮らしていれば父親が親権を勝ち取ります。

そして、子供自身が父親を選んだパターンです。子供は10歳~15歳くらい大きくなると自分で親権者を選ぶことができます。意思を持った子供が父親を選ぶと、その意思が尊重されるので父親が親権者となります。

子供の面倒を見ることが出来ているなら母親が有利

基本的に、子供の面倒をきちんと見て育てることができているなら、親権は母親が有利となることがほとんどです。特に9歳以下の自分の意思がはっきりしていないような子供は、母親が育てるべきだとされています。

親権が取れるのか不安になることもあるでしょう。しかし今まで通り子供の面倒を見ていれば、親権は母親が有利です。安心して育児に励みましょう。

Tags

ライター