義両親と同居するときの生活費分担:家の持ち主がキーポイント

旦那の親と同居することになったはいいけれど、気になるのが生活費のことです。自分の家族だけなら旦那と相談するだけで良いですが、旦那の親と一緒に住むとなると、旦那の親とも相談しなければなりません。

果たして親と同居する場合、生活費はどのように賄うのでしょうか。今回は、独身で親と同居している場合も併せて、義両親と生活費を分担するときのポイントを紹介していきます。

生活費分担は家の持ち主を基準に考えよう

旦那の親と同居する場合の生活費の平均はどのくらいでしょうか。家族の人数によっても変わりますが、1世帯あたり5~9万円が平均だといわれています。

しかし、親と自分たちの世帯のどちらが生活費を家に入れるかは、住んでいる家が誰の持ち物なのか、ローンは誰が払っているのかによっても変わるのです。そこで、家の持ち主ごとに場合分けして考えます。

旦那の親の持ち家

旦那の親の持ち家でローンを親が支払っている場合、もしくはローンを支払い終えた場合は、自分達が生活費を親に入れると良いでしょう。

住宅ローンを支払い終えている場合は、年金暮らしであることも多いです。年金暮らしの場合は、親を扶養に入れることもできます。そういった理由から、子供の世帯である自分達が生活費を入れる必要があるでしょう。

旦那の持ち家

旦那の持ち家、つまり自分達家族の家に旦那の親が同居している場合、旦那の親に生活費を入れてもらうと良いでしょう。

気を遣って旦那の親には生活費を入れてもらっていないという家庭もあるようですが、大人二人分を賄うのは大変です。生活費に加えて、ローンの支払いもあります。

年金生活で親の生活も満足とは言えないかもしれませんが、少しでも生活費は入れてもらうようにしましょう。

賃貸

家を借りて親と一緒に同居している場合です。この場合、お互い家賃を支払っているなら、次の生活費の負担方法が考えられます。

・生活費は折半にする
・収入によって負担の割合を決める
・家族の人数によって負担を決める

親が年金暮らしであったり、仕事をしていないなどの事情が考えられますが、大人二人を養っていくことはそう簡単ではありません。折半にするとまではいかなくても、旦那の両親にも負担してもらえるようにしましょう。

独身の場合は給料の4分の1を親に納める人が多数派

ちなみに、独身で親と同居している人は生活費をどのくらい入れているのでしょうか。

だいたい給料の4分の1や3分の1くらいを家に納めている人が多いようです。給料の4分の1なので、5万円くらいが平均くらいでしょう。

家賃と生活費込みで5万円というと安く感じますが、親と同居している年代が20代が多いということも一つの要因であると言えます。30代以上であれば、給料アップに比例して家にいれる生活費も変わるでしょう。

また、親としても家にお金を入れてくれても、今後のためにと貯金する親も多いようです。家賃と生活費として入れても、最終的には子供に帰ってくることが多いでしょう。

誰が家賃を支払うかによって生活費も変わる

同居をしているということは、同じ家に住んでいるということなので、その家のローンの支払い、家賃の支払いを誰がしているかによって生活費をどう分けるかが変わってきます。

家賃を親も子も支払っているなら、生活費も親と子でそれぞれ賄う必要がありますが、どちらか一方が家賃を支払っているなら生活費はもう一方が負担するのが良いです。生活費だけではなく、他の支払いを考慮しながら生活費を折半しましょう。

Tags

ライター