彼氏の酒癖が悪い!原因と対策まとめ:改善するには厳しさが必要

彼氏の酒癖が悪くて悩む女性は意外と多いと言います。男性は比較的女性よりも社会の中での付き合いが多いですし、飲み会や接待などでお酒を飲まされることもあるでしょう。

ですが、そんな彼氏の大変さは理解していても、いざその酒癖の悪さを目の前にすると、うんざりする部分も多いはずです。

彼氏の酒癖が悪くて困っている場合はどうすれば良いのでしょうか。彼が酒にのまれてしまう原因を理解して、改善されるように対処しましょう。

酒癖が悪いのはストレスが原因?

男性は付き合いや接待などで飲みに行くことも非常に多いものですが、全員酒癖が悪いのかというと、そんなことは全くないでしょう。

問題は、なぜ自分の彼氏が酒癖が悪いのかということです。彼氏の酒癖が悪いのには、必ず原因や理由があります。

まず一つ目として挙げられるのは、彼氏自身が慢性的にストレスを抱えているせいで、お酒をいつも飲んでしまうことです。ストレスが溜まっているからこそ、そんなに飲んでは危険だとは思いつつも、お酒の席では羽目を外しすぎてしまうのでしょう。

慢性的にストレスを抱えている人にとって、お酒の席ほど自分を解放できる場はないと言います。

酒癖が悪いのは彼氏だからとあなたに甘えているから

彼氏の酒癖が悪いことがいつまで経っても治らないのは、酔っ払うと全てあなたに委ねて、甘えてしまっているからというのもあります。

彼氏だからこそ、お酒に酔っ払ったときは何をしても許される、あなたなら受け入れてくれると彼は思ってしまっているのです。

恋人という関係を都合よくとらえてしまい、お酒に酔ったときはいつでも甘えを受け入れてくれる、と彼氏自身が履き違えてしまっている場合もあります。

彼氏に悩みや愚痴があったら聞いてあげよう

彼氏の酒癖の悪さを治してもらう方法として、まずはあなた自身も、彼がストレスを日常的に溜め過ぎないように協力してあげられると良いでしょう。もし彼に悩みがあったり、愚痴を話したいときがあったときは、積極的に付き合うようにしていくと良いはずです。

そもそも、あなたとの関係に悩みを抱えている場合もあります。そんなときは一度しっかりと話し合って、お互いの悩みやストレスは解消すべきです。

彼氏がストレスを抱えていて悩んでいるなら、一緒にストレス発散ができる場所に出かけるなど、彼女としてサポートできることは積極的にやっていけると良いでしょう。

たまにはしっかり怒ることも必要

彼氏の酒癖が悪くても、いつも怒れず、うんざりしながらも受け入れてしまう女性も多いのではないでしょうか。

ですが、もし本当に彼氏に酒癖の悪さを治して欲しいなら、気持ちを彼に伝えることも大事です。もし彼氏が酔っ払っていたときのことを覚えていないなら、内容も伝えて改善してもらえるように相談してみましょう。

真摯に話し合えば、きっと反省してくれる男性も多いはずです。

Tags

ライター