甘えてくる夫の心理と対処法:甘えるのを癖づけないことが大切

男性の方から積極的に甘えてくるのは、たまには良くても日常的になると少しウザいと感じることも増えてくるものです。特に夫婦であればお互いにいい大人ですし、「いい歳してやめてほしい…」と本気で悩んでしまう女性も多いでしょう。

お互いに適度に甘えることができ、良い関係を築けているのであれば素敵ですが、どちらか一方ばかりでは負担に感じてしまうことも増えます。

夫が甘えてくるばかりで、ウザいと感じる時はどうすれば良いのでしょうか。夫が甘える原因を知って、直してもらえる対策を考えましょう。

甘えてくるのは仕事の疲れが原因?

男性は仕事で疲れることも多いでしょうし、家に帰ってくれば「何もしたくない」とばかりに子供のようにあなたに甘えてくることもあるでしょう。

特に毎日息つく暇もなく働いている男性にとっては、家にいるときこそが安心して甘えられる時間なのです。

男性にも少なからず甘えたい願望はあるものなので、年上女性が好きな男性や、いわゆる草食系タイプの男性は、特にこの傾向が強いと言います。

甘えてくるのは欲求不満だから

夫の方から甘えてくるのは、夫の欲求不満が関係している場合もあります。夫婦の営みがあまりに少なくなっていたり、スキンシップさえないと、女性よりも男性の方がやはり欲求不満を感じやすくなるものです。

ですが、ストレートに欲求不満であることを伝えるわけにもいかず、甘えてくることで欲求不満が伝わることを期待しているのです。

甘えていいときと甘えてはいけないときのメリハリを

仕事や飲み会など、外で頑張ってきて疲れを感じ、家では存分に妻に甘えたくなってしまう夫の心情は理解できる人も多いでしょう。

だからと言って、家にいるときはいつも甘えてきてばかりということでは、妻としてもイライラしてしまうことが増えてしまいます。疲れていたとしても、甘えていいときと甘えてはいけないときのメリハリを持たせることが大事なのです。

毎日妻に甘えているばかりだと、それが癖にもなってしまい、休日などの落ち着ける日でも甘えてくることが常態化してしまいます。

そのため、例えば平日の疲れているときは甘えてくることを許しても、少し落ち着ける日はメリハリを持って、もっとしっかりしてと伝えるのも大事でしょう。甘えてくることがウザいと感じないためにも、甘えることを癖づけないことが大切なのです。

お互いに求めあえる関係作りを

もし夫がセックスレスなことに不満を感じているのではないかと心当たりがあるなら、夫婦の性生活をもう一度見直してみることも大事でしょう。

特に育児などもあれば、なかなか夫婦の営みの時間を持てることも少なくなってくるものです。もしくはあなた自身夫とのセックスに興味が薄れてきてしまっているのであれば、もう一度お互いに求めあえる関係を修復していく必要があります。

ただ、夫の欲求ばかりが強いせいでウザいと感じているなら、この機会に夫婦の性生活についてあえて話し合い、歩み寄る時間も必要なのかもしれません。

Tags

ライター