やり捨てされる女性の特徴4つ:男性依存タイプは要注意!

本当にこの人しかいない、本気で好きになってしまった人がいるということはとても幸せなことです。好きになればなるほど毎日が充実していき、精神的にも肉体的にも健康になることができます。

しかし、大好きだった相手にやり捨てされてしまうという人もいるのです。1度だけなら男性側の身勝手でしょうが、何度もされてしまう場合は女性側に何か問題があるという可能性もあります。

では、どのような女性がやり捨てのターゲットになりやすいのでしょうか。

感情の起伏が激しい

感情の起伏が激しい女性はたいていの男性に嫌われます。簡単にいうと面倒臭いタイプの女性だと思われてしまいますので、だんだん冷めてくる男性が圧倒的に多く、そのまま面倒臭くなってやり捨てされるというパターンです。

一緒にいて楽しい、落ち着くなど、男性が長く付き合いたいと感じる女性は、少しのことで怒ったり泣いたり、不機嫌になったりはしないでしょう。

彼氏に依存するタイプ

彼氏がいないと生きていけない、というくらいに依存してしまうタイプの女性は、やり捨てのターゲットにされやすいでしょう。

簡単な表現でいうと、重いのです。女性側からの好意が重すぎて男性が息苦しいと感じてしまい捨てられる、という可能性が大きいパターンになります。

また、自分を大切にできず相手に依存してばかりいるという女性は、男性から見て魅力的ではありません。男性は、自分をしっかり持っている女性とお互いに協力しあうことができる関係を築きたいと考えるからです。

お酒が弱い

お酒が弱い女性は飲ませれば何とかなると考えられてしまうので、やり捨ての格好なターゲットになるでしょう。

本人は大丈夫だと思っていても、アルコールを入れてだんだん判断力が鈍ってしまいそのままセックスまで行ってしまったというパターンはよく聞きます。

お酒が弱いにも関わらず飲みに行くということに対して抵抗がなく、酔いつぶれてしまう女性は、男性から軽い女性だと思われてしまって、真剣に恋愛をする対象として見てもらえないこともあるのです。

考えが甘い

とにかく人が良すぎる女性が、やり捨てのターゲットになりやすいとされています。

例えば、男性は基本的に良い人ばかりだから大丈夫、などと考えてしまう女性、セックスすれば好きになってくれると考えている女性、などです。

考えが甘い女性は、押せばなんとかなる、都合の良いことを言えば簡単にやり捨てができると考えられてしまいます。初対面ではない男性だったとしても、全てを信頼してしまうのではなく、警戒心を常に持っておくべきでしょう。

自分を見つめ直そう

やり捨てされない女性になるために、今回紹介した4つのポイントを中心に自分の行動を見つめ直してみましょう。

やり捨てされてしまうということは、男性から大切にしたいと思われていないということです。自分の価値を下げてしまうような行動はひかえて、常に客観的に自分を見るようにしてください。

男性から愛される女性になって、身体だけでなく心もしっかり満たされる幸せな恋愛をしましょう。

Tags

ライター