板前の給料はどのくらい?転職に必要な覚悟とは

板前とは、日本料理を作るプロの料理人です。年齢・学歴・経験を問わずに受け入れる飲食店が多いので、異業種から板前になることも可能です。

しかし、修行が過酷すぎるイメージを持っている人も多いと思います。そこで、実際にはどのくらいの給料をもらっているのか見ていきましょう。

今回は、板前の給料、板前への転職に必要な覚悟、転職に有利なスキル・資格、板前の活躍の場を紹介します。

板前の給料

忙しく休みが少ない職業にも関わらず、見習いだと250万程度で、相場は330万円と、高い給料はあまり期待できないかもしれません。

板前の給料は、勤める店や能力によって異なります。板前としての経験を積み、能力を高めていくと給料が上がっていくことが多いです。

また、修行中はその店に住み込みで働くこともあるので、その場合はさらに給料が少なくなってしまいます。

そして、十分な経験を積み、独立して自分の店を持った場合は、その店の売上が大きくなればなるだけ収入も増えるでしょう。

板前に転職するときに必要な覚悟

未経験で日本料理店に就職するのは難しくありません。しかしながら、転職してから板前になるまでの修行が非常に過酷ですから、転職するには覚悟が必要です。

拘束時間が長い

料理人は、営業が始まる前に買い出しや仕込みをし、営業終了後に後片付けをする必要があるので、拘束時間が非常に長いのが特徴です。また、立ちっぱなしですから体力の消耗も激しい仕事と言えます。

そのため、年齢制限がないと言っても、年を重ねてからの転職は過酷だと言わざるを得ません。

修行中は低収入

修行中の収入は手取りで15~18万円程度が相場ですから、収入減は覚悟しなければなりません。独身者であれば、住み込みで働けるお店を選ぶという選択肢もあります。

年下の先輩

早い人だと高校を卒業してすぐに板前の修業を始める人がいます。そのため、社会人から料理人に転職すると、先輩の大半は年下ということも少なくありません。

しかしながら、板前の世界では先輩の指示が絶対ですから、年下から教わる覚悟を持つ必要があります。

転職に有利なスキル・資格

板前として働くのに調理師などの免許は必須ではありません。しかしながら、調理師免許がないと、特に大規模店舗で正規雇用されるのは難しいと考えておくべきです。調理師免許が取得できる程度の知識やスキルがあれば、修行期間が短くなる可能性もあります。

また、日本料理店に転職する前に、調理師専門学校で学ぶという選択肢もあります。調理師専門学校では、栄養学、衛生学、食品学なども学べますから、転職に有利になるでしょう。

板前の活躍の場

板前になるためには、日本料理店で修業をする必要があります。修行先としては、ホテル・料亭・旅館などの大規模店舗と、個人店のような小規模店舗のどちらかです。

ホテル・料亭・旅館

大規模店舗では、厨房スタッフに明確な役割分担がされています。

厨房スタッフの位は、下記7つに分かれます。
 ■板場を仕切る花板(板長、立板)
 ■花板に次ぐ二番手の次板(二番、脇板)
 ■椀物を作る椀方
 ■煮物を作る煮方
 ■焼き物を作る焼方
 ■揚げ物を作る揚場
 ■盛り付けなどを担当する追い回し(坊主、小僧)

ちなみに、板前と呼ばれるのは、花板、次板、椀方、煮方までで、焼方、揚場、追い回しは裏方です。

大規模店舗のメリットは、板前に必要な知識・スキルを体系的に習得できる点です。一方、大規模店舗のデメリットは、出世が遅いといつまでも雑用をさせられて、料理人としてのスキルが上がらない点でしょう。

個人店

一方、個人店では、大規模店舗のように役割が細分化されておらず、大将が調理のほとんどを担当します。そして、従業員は、アシスタントとして大将の仕事を補助しながら、料理人としてのスキルを習得するのです。

また、個人店では、雑用だけをさせるのは人件費の観点からも負担が大きいですから、積極的に指導してくれる傾向があります。

Tags

ライター