赤ちゃんがピタッと泣き止む方法:ママも一息つくことが大事

赤ちゃんは泣くものとわかっていても、なかなか泣き止んでくれなかったり、公共の場泣かれたときなどは早く泣き止んで欲しいものですよね。

また夜泣きは子育てでも辛いことの一つ。そんなときは赤ちゃんがお気に入りの動画を再生したり、オルゴールを聞かせてあげましょう。

今回は赤ちゃんが泣き止む方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

赤ちゃんが泣き止むには?

泣き止む音を出す

赤ちゃんが好きな音はいろいろあり、有名なものは胎内音です。これを聞かせると赤ちゃんはお腹の中を思い出して安心するみたい。

これに似た音としてドライヤーや掃除機などの家電製品の音、または水が流れる音があげられます。赤ちゃんをおんぶしながら家事をすれば一石二鳥かもしれませんね。

泣き止む動画を見せる

赤ちゃんが泣き止む動画として「タケモトピアノ」のCMや「ふかふかふかのうた」はよく知られています。

最近では音の出るおもちゃにこれらの曲が入っていることもあります。インターネットでも簡単に検索することができるのでぜひ探してみてください。

赤ちゃんの反射を利用する

赤ちゃんの耳に指を入れてこちょこちょしたり、顔にふーっと優しく息を吹きかけると反射的に意識がそちらに向くので、はっとして泣き止んでくれます。

即効性があるのですぐに泣き止ませたい時にオススメです。

鏡を見せる

赤ちゃんに鏡に映った自分の姿を見せると、いったい何が映っているのかと興味を持って泣き止んでくれることもあります。

音も出ませんし、小さな手鏡を持っていれば外出先でも使える方法なので便利です。

ベビーマッサージ

赤ちゃんの手や足、お腹などにオイルを付けて優しくマッサージしてあげると落ち着いてくれる赤ちゃんも多い様です。

スキンシップにもいいですし、ママがゆっくり話しかけながらマッサージしてあげるとそれだけで赤ちゃんも安心出来ますよね。

外に出てみる

赤ちゃんはまだ自由に動き回れませんから、同じ様な景色ばかり見ている事がどうしても多くなります。

ですので、ちょっと散歩に出てみたり、ベランダや窓辺などで外の景色を見ながら少し外気にあたるだけでも気分転換にもなり、ピタッと泣き止んでくれる事があります。

くるんでみる

赤ちゃんは生まれるまで、ずっとお母さんのおなかで守られながら育ってきました。その感覚が生まれてからもしばらく残るそうです。

そのため、赤ちゃんは暖かい毛布やタオルケット、似たようなベビー服、そういったものにくるまれていると安心するのでしょう。

うつぶせにする

うつ伏せもよく赤ちゃんの写真で見る姿だと思います。一見苦しそうに見えるのですが、実はうつ伏せは赤ちゃんが安心する姿なんです。

ただし、口と鼻はふさがないように注意してあげましょう。生後間もないうちは、寝返りが打てないので危険です。寝返りしているときに口と鼻が外に向いているように、気にかけてあげると良いですね。

ゆらゆらさせる

赤ちゃんがお父さんやお母さんに抱っこされてゆらゆら揺れながらあやされているのは、街中でよくみかける光景だと思います。これは誰もが知っている赤ちゃんの泣き止ませ方です。

くるんでみることと同じなのですが、お母さんの子宮の中の状態に似せているのです。羊水の中で揺られていた赤ちゃんなので、適度なゆれは心地よいのでしょう。

抱っこして、自分が揺れてあげるのも良し、椅子に座って揺れてあげるのも良いですね。

ママも一息いれる

ママが日頃忙しくて疲れていたり、育児がうまくいかなくてイライラしていたりすると、そんな気持ちが赤ちゃんにも伝わって泣き出してしまうことがあります。

赤ちゃんが泣き止まなくてイライラしてしまうと、なおさら赤ちゃんも不安になって悪循環になってしまいます。

もし可能なら他の家族に抱っこを代わってもらったり、お茶を一杯飲んだり、好きな音楽を流してみたりママが気持ちに余裕をもてるようにしましょう。そして、周りに愚痴を聞いてもらうなどストレスをためないことも大切ですね。

Tags

ライター

подробнее

www.adulttorrent.org/search/Sci-Fi/3

adulttorrent.org/details/ooniku_019_big_asian_ladies_plump_bodies_to_fuck