20代女性の転職事情:ライフプランの視点から転職を考えてみよう

20代の女性にとって悩みは尽きないものです。美容や、プライベートの充実、パートナーとの成果のことなど考えることは山積み。

特にキャリア、転職についての悩みは今後の生活を大きく左右する重大な問題です。20代にどんな経験を積むかが今後のキャリアの柱になることは間違いありません。そんな20代の女性の転職事情はどうなっているのでしょうか。

今ちょうど転職を考えているという方には、リクルートエージェントがおすすめです。大手企業リクルートが運営しているので、丁寧にサポートしてくれます。

転職する際にチェックしたいこと

①福利厚生

各種手当てがもらえないことや、育児休業制度が整っていないなど、福利厚生に関する不満が転職理由として挙げられます。適切な職場の環境、制度は安心して長く働き続けるために必要とされる要素です。

②キャリアパスの構築

将来のキャリアを考えている20代女性は、現在の仕事内容が自分のキャリアパスに適しているか不安になる傾向にあります。

できる仕事の幅を広げたい、より専門性を磨きたい人、また違う分野の仕事に挑戦したい、など人により望みは異なりますが、キャリアパスのための望みと実際の業務とのミスマッチが転職理由の一つです。

③人間関係

フルタイムで働くにあたり、職場の人間関係は非常に重要なことです。些細ないざこざが尾を引いて転職にいたる人もいるのです。

④ワーク・ライフ・バランス

たとえ仕事にやりがいを感じていても、長時間残業が常習化してしまうような状況においては、20代の女性にとって大切な”自分と向き合い将来を考える時間”を失わせてしまうかもしれません。

また仕事とプライベートのメリハリが持てず不満が積み重なっている人もいるでしょう。

20代女性に企業が求めていることは?

企業が20代の女性に求めていることは仕事の経験値があるかなど、実際に即戦力として必要なことではありません。企業が求めているのは、入社後に成長してくれるかどうか、そして長期的に企業に利益をもたらしてくれる人材かどうか、です。

20代の社会人はいわゆるヒューマンスキル「ほうれんそう」をはじめとして、社会人としての基礎の部分である、コミュニケーション能力や、勤勉さ、吸収能力などが問われるのです。

この3つの能力の持ち主こそ企業が採用したい人材なのです。

転職する前にライフプランも考えましょう

20代の女性は特に、ライフプランの観点から転職について考えてみることも必要です。

2013年、女性が初めて出産を経験した平均年齢は30.7歳でした。また第一子出産を期に6割の女性が職を離れ、離職者の約18%が育休制度を利用し復職、約72%が退職しているというデータがあります。

男性の育児参加が増えているとはいえ、女性の育児休暇取得率が81.8%であるのに対し、男性の割合は3.16%と低水準に留まっています。()

今後男性の育児休暇取得率は高まることが予測されますが、まだまだ女性に頼っている状況です。

20代の女性は実際に転職する前に、キャリアプランとライフプランを考え、構築することが大事です。その上で、転職を考えている企業が自分の望みにあっているか調査を行いましょう。

企業が20代の転職者にもとめているヒューマンスキルを磨くのも忘れずにしてください!

また、20代のライフプランを立てた上で、転職したいと考えている方にはリクルートエージェントがおすすめ。掲載求人数が圧倒的なので、転職初心者でも簡単に見つけることができます。

Tags

ライター

そこ ac-sodan.info

ссылка photolifeway.com

посмотреть