子どもが自分で片付けるようになる!おもちゃの収納方法7選

増え続けるおもちゃの収納に、頭を悩ませている方は多いのではないでしょうか。

どんなにママが頑張って片付けても子どもは散らかすばかりで、なんとなくごちゃっとした空間のままではストレスが溜まりそうです。子どもがある程度の年齢になったら、自立を促すべき時期がやってきます。

ママ一人で片付けるのではなく、一緒に片付けができるように環境を整えてあげましょう。

子どもの目線・手の届きやすさを考えた低いところにまとめる

まずは、子どもの目線と遊びやすさを考えて、片付ける場所はできるだけ低いところに決めておくことが大切です。目線より高かったり、なかなか手の届かない場所では、子どもが自分だけで片付けることができません。

子どもがすぐに手に取れて遊びやすいということは、片付けやすいということにもつながります。

難しい動きをせずに簡単に片付けられるようにする基本として、子どもの目線に立つことをまずは考えましょう。

ジャンル分けをして収納BOXを作る

おもちゃのジャンル分けをしてそれぞれのBOXを作り、そこに入れるようにします。あまり細かく分けすぎると子どもが混乱してしまうので、大まかな分け方で大丈夫です。

戦隊ヒーローもの・パズル・折り紙といった、ざっくりとした分け方の方が、子どもにもわかりやすいのでおすすめです。

BOXはフタや扉付きの方が見た目にはすっきりとしますが、子どもに片付けさせることを考えると、フタなどはない方が使いやすいでしょう。

なんでもOKの収納BOXを作っておく

ジャンル分けに迷うおもちゃや、ヘビーローテーションのおもちゃなど、分類に悩むおもちゃなどを一時的にしまっておくオールジャンルOKのBOXがあると便利です。

もちろん、このBOXがあふれかえることのないように、適宜見直しは必要になります。なんでもBOXは一つだけにして、むやみに増えてしまわないように気をつけましょう。

ラベリングをする

BOXや棚の見えるところにラベリングをして分かりやすくします。大きいおもちゃの場合は、おもちゃ単体の写真を収納するスペースに貼っておくと良いです。

児童館などではよくこの方法が使われており、初めて遊びに来る子でも簡単に片づけができるようになっています。字がある程度読める年齢なら、わかりやすい字でラベルを作るのもおすすめです。

パズルのピースや細かいものは透明のジッパー付き袋で小分け収納

どうしてもバラバラになりがちなパズルのピースや、シールなどの細かいものは袋にまとめておきましょう。

ジッパー付きで透明の袋を使えば、子どもが見てもわかりやすくて持ち運びも楽です。サイズの違う折り紙なども、ひとまとめにできて取り出しやすくなります。

プラレールは引き出しに並べて収納

プラレールは大きな箱にざっくり入れる収納にすると、中で車両同士が絡まってしまい破損の原因にもなりかねません。車両だけでなくレールや踏切などの小物もあるので、全てを一緒に入れてしまうと使いづらくなります。

車両は薄型の引き出しタイプの収納ラックを使い、並べるように収納すると片付けも取り出しもスムーズになり、便利です。

踏切やトンネルといった小物は、車両とは別に収納すると片付けやすいでしょう。

絵本は表紙が見えるようにしてラックに収納

大人は本の背表紙を見てその内容を理解できますが、小さな子どもには難しいものです。

絵本を手に取りやすく、かつ片付けやすくするためには、表紙を見えるようにして収納しましょう。子どもがお気に入りの絵本を並べる楽しみにもなりますし、本の入れ替えも簡単です。

ライター

также читайте avtopoliv-gazonov.kiev.ua

dxtranss.com.ua/avtoperevozki-po-ukraine/avtoperevozki-kiev/

Предлагаем беговая дорожка купить у нашего менеджера.