仕事でのストレスはどこまで我慢する?限界のサインに気付こう!

仕事をする上でのさまざまなストレスは、多くの人が大なり小なり、抱えています。

そしてそのストレスの度合いも人それぞれで、耐えきれずに休職してしまう人、職場に見切りを付けて転職する人と対処の仕方もいろいろありますが、この仕事のストレスはどこまで耐えられるものなのでしょうか。

大きなストレスがありながら自覚が無いままに、体が悲鳴を上げてしまう、ということもあるので軽く考えてはいけません。

この記事を読んで、ぜひ自分のストレス状態を見直してみてください。

なお、限界までストレスが溜まると何事もやる気が出なくなってしまうもの。それは転職活動についても同様です。

転職の完了までには以外に時間がかかるので、早めに転職サイトに登録しておくと吉。逆にそうでないと、いつまでも現在の劣悪な環境から抜け出せなくなる恐れがあります。

以下のサイトから大手転職サイト「リクルートエージェント」をチェックしてみてください。

ストレスを甘く見ない

仕事をする上でのストレスは、誰もが持っているもの、と一般的に考えられています。そのため、ストレスがたまったと思ったら週末気分転換をして、新しい週を迎えて、と誰もが考えます。

しかしストレスの度合は個人差があります。自分ではリフレッシュ出来ているつもりでも、実際はそうでなかったら体の方が悲鳴を上げだします。

気がつくと、気分転換どころか、気分転換にすら気持ちが向かなくなって、病気のレベルになっていることもあるので、ストレスを甘く見ないようにしましょう。

嫌な人といてはいけない

職場でのストレスの要因で多くを占めるのが人間関係です。

真面目な人の中には困難な状況に耐えて乗り越えて行くことで、人としての器が大きくなると言う人もいますが、心理学的にも合わない人と一緒にいると消化器官に悪影響が出てくることがわかっています。

嫌な人と我慢して一緒に過ごしていると、その人の言動が頭から心の中に入ってきて、声のトーンまで似てきて自分も同じようなことをやり始めるといいます。

なるべく嫌いな人からは距離を置くようにしましょう。

限界のサイン

なかなか自覚しにくい、厄介なストレスですが、限界に近付いた兆候があります。

例えば、職場に向かうバスに乗っていて最寄の停留所に着いたのに、無意識に乗り越してしまう。これは、うつ病を発症する危険があるかもしれません。

また、週末に、明日からまた仕事、と思ってしまうのは誰にもあることですが、ひどく落ち込んでしまうのが数ヶ月、一年と続いている時は、転職を考えた方がいいかもしれません。

さらに、昼食の時間でも食欲がない、ごはんが美味しく感じられない、今まで出来ていたことが出来なくなる、などの時は限界もしくは、限界を超えてしまっている可能性があります。

限界は自分にしかわからない

仕事のストレスの限界はその人の性格や環境によって大きく異なります。また、どこにストレスを感じるかも人によって異なるようです。

仕事が忙しくてもストレスはさほど感じないのに、人間関係がうまくいかないことに大きなストレスを感じる人。逆に人間関係はあまり気にならないのに、仕事の責任に大きなストレスを感じる人。

つまりストレスの限界は自分にしか気付くことができません。多くの人が仕事に耐えられない、もう限界、と思っても我慢し続けてしまいます。

取り返しのつかないことになる前に自分を見つめ、仕事以外でリフレッシュできているかどうか、などチェックしてみましょう。

早めの脱出の準備も並行して進めて

ちなみに、転職を考えている方は少しでも早いうちから動き出すようにしましょう。

メンタルがやられてくると、転職サイトに登録する気力すらなくなり、いつまでも劣悪な環境から脱出できなくなってしまいます。

大手転職サイト「リクルートエージェント」なら、担当の転職エージェントの方が面談の日程調整や書類執筆のサポートをしてくれるので、忙しい方でもにおすすめです。

以下のサイトからまずは登録だけでもしてみてください。

Tags

ライター

avto-poliv.com.ua/

читать далее

diploma-home.com