30代女性の転職事情を徹底解説!長期的な視野を持つことが大切

30代の転職者は20代のときの経験を活かし、即戦力として働くことが期待されています。一方で30代女性は子育てのため職場を離れる人が多いのも事実です。

女性の労働力率(15歳以上人口に占める労働力人口(就業者+完全失業者)の割合)は,結婚・出産期に当たる年代に一旦低下し,育児が落ち着いた時期に再び上昇するという,いわゆるM字カーブを描くことが知られており,近年,M字の谷の部分が浅くなってきている。

この調査は従来育児などの理由で職を離れていた30代女性の就業率が高まっているという事を表しています。内閣の戦略には「女性が輝く日本」が掲げられ、より期待されているのが30代の女性です。今回はそんな30代女性の転職事情についてお伝えします。

育児もある程度落ち着きもう一度職に就こうと考えている時に転職先を探すのに役立つのが転職サイトです。その中でもビズリーチというサイトが30代に人気となっています。

30代女性の転職理由の特徴

転職するには必ず何らかの理由があります。職場での人間関係や、その会社が自分に合っていなかった、など様々です。

そんな中、30代女性の場合の転職理由は、ほぼ2極化すると言えるでしょう。

さらなるキャリアアップを狙う

キャリアのために転職を考えている人は、管理職などの役職につきたい、専門性を高めたい、スキルアップしたいなどが主な理由です。

またより良い賃金や待遇を得るためなどの理由も高い割合を持っています。

ワーク・ライフ・バランスを求める

ワーク・ライフ・バランスのために転職を考えている人は、出産、育児のためが主な理由です。年収が下がったとしても仕事のペースをゆっくりとしたものにしたいという人が含まれます。

そのような人が懸念している点は「残業や待遇」、「育児休暇制度」、「時短勤務制度」などです。

30代女性に企業が期待していること

企業は30代の社会人になにを求めているのでしょうか。

冒頭で説明したように、30代の女性は20代に培った経験を期待されています。即戦力としての働きを求められているのです。

さらに、30代は成長も期待される年代でもあります。

経験を活かして働くことに加え、マネジメントやリーダーシップ、チームワークを発揮して組織的に業務を後押ししてくれる、もしくは今後なってくれそうな人物であれば企業からの需要は高いです。

企業は利益を追求する組織であるため当然ですが、採用する見返りはどの程度あるか、どの程度利益として還元してくれそうか、という前提のもと求職者を選んでいます。

そのため、30代女性に多い転職理由「ワーク・ライフ・バランス」を志望の動機としている人には、疑問を抱いてしまう企業もあるようです。

30代女性が転職をするにあたり注意したいこと

どの年代においても、転職する際に重要なことは、企業とのマッチングが取れているかどうかです。

30代女性は「即戦力としての働き」と「今後の成長」に期待が寄せられています。

この2点と、「今までの経験値」「将来のビジョン」とのマッチングが取れているかが採用側にとっての大切なポイントです。転職活動として企業と会う場合には、これらのポイントを伝えることが重要となります。

また、転職するより現在の就業先に残ったほうが良いケースもあります。出産を間近に控えている人などはその例です。

急いで決断を下すと後で後悔すること結果を生みかねません。長期的な視野に立ち決断することが重要です。

長い目で見て転職してよかったと思えるようになるためにも、様々な企業についての知識を集め、自分にあった条件の企業を選択することが大切と言えるでしょう。

30代女性に一番人気の転職サイト、ビズリーチでは7600社もの一流企業の求人情報を閲覧できます。

視野を広げなるべくたくさんの企業について知ることで、自分が知らなかった魅力的な仕事に出会える場合があります。まずは転職サイトに登録して、求人情報を見てみることから始めましょう。

Tags

ライター