商社の転勤のリアルに迫る!商社には転勤が多い⁈

就活性に人気の高い商社。今回は商社の転勤の頻度と実態についてまとめていきます。

商社のイメージといえば収入が高くエリートばかり。といったイメージを持っている人が多いでしょう。収入の高さはなによりも魅力です。そのため商社が就活生に人気なのでしょう。とくに高学歴の学生に総合職は人気です。

そこで商社の大きな特徴である転勤とその実態について見ていきましょう。就活生または商社への転職を考えている方はぜひチェックしておいて下さい。

商社は転勤が多い

商社に限らずとも、大手企業であれば転勤があるところが多いですが、その中でも断トツに転勤が多いのが商社です。商社では海外転勤が多いことが特徴で、先進国でなく発展途上国や治安のあまりよくない国にも転勤で行かなければならないということがあります。

なぜこんなにも商社に転勤が多いのかというと、商社はさまざまな環境で多くの人と関わっていくことがビジネスに繋がるからです。商社では世界各国と取引をするために世界全体の動向を把握することができることが求められるので転勤が必要不可欠なのです。

商社の転勤の頻度

商社の転勤の頻度はその会社によって異なっており、1つの場所に短期間しかおらずすぐに転勤となるパターンもありますし、1つの場所に長期間居て転勤回数が少ないというパターンもあります。

このように商社といってもさまざまで、中には5年間同じ場所で働いているという人もいるようです。基本的に海外転勤となれば2~3年は戻らずに海外で頑張るというパターンが多いようです。

商社の実態

商社は良いイメージを持たれることが多いですが、実態はとんでもない激務です。

商社の平均残業時間は月50~70時間となっていますが、月100時間以上残業しているという企業もあるそうです。他業種と比べた転勤と残業時間の多さが商社が激務である要因です。

転勤や残業が多いため家族や友人との自由な時間をうまく取れません。プライベートや周りの環境を優先したい人には商社の仕事がきつく感じるかもしれません。

しかし、商社は激務である分給料は高いです。また転勤が多いことは、さまざまな土地で生活を送れ、貴重な体験ができるのでメリットとも言えます。

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る

https://topobzor.info/

bestseller.reviews

узнать больше biceps-ua.com