後悔しない「小1の壁」の乗り越え方:民間の学童保育で習い事もカバーしよう

共働きを続けたいけれど子供の預け先が見つからない…。働き方の変更を余儀なくされる母親が多いことから生まれた「小1の壁」という言葉を知っていますか?

子供が小学校に上がった途端に会社の時短勤務の終了や、学童保育の終了時間の早さの問題など、考えることは山積みです。

小学生になったばかりの子供の成長を見届けたい気持ちもあるけれど、仕事を1度辞めてしまうと再就職は難しいかもしれない、という不安や葛藤を抱える共働きの母親が「小1の壁」を乗り越える方法をいくつか紹介します。

放課後の預け先は早め早めに探しておく

放課後の預け先として、主に学童保育を利用する人が多いです。前年の秋くらいから募集を始めるところが多く、申し込み期間が短い場合もあるので早めに確認しましょう。

学童保育は主に自治体が運営していますが、預かってくれる時間が18時までとなっているところが多く、この利用時間の短さが共働き家庭の直面する小1の壁の1つとなっています。

最近では民間企業が運営する学童保育も増えており、料金は割高な印象ですが、夜遅くまで子供を預かってくれたり、送迎のサービスをしてくれるところもあります。

朝は時間を作り出す方法を考えよう

小学校が始まると、親の通勤時間と子供の登校時間が合わない場合が出てきます。

出勤時間と子供の登校時間が合わない場合、まずは出来る限り職場に時間の融通を聞かせてもらえるようにお願いしてみましょう。

その他にも家が賃貸の場合、思い切って職場の近くに引っ越してみるのも1つの方法です。通勤時間が減ることで親も多少ゆとりを持て、子供と一緒にいてあげられる時間が増えます。

周りに頼れる人がいなくて子供に玄関の施錠を覚えさせる方法もありますが、例え楽しそうにしていても、小学校に入ったばかりの子供は思っている以上に不安定になりやすいです。

なるべくなら親が見送ってあげられる環境を作るようにしましょう。

夏休みは学童の使い分けで子供が飽きない工夫をしよう

夏休みになると小学校が長期休みに入り、ここでまた頭を抱える方が多くいます。それまでは学校の授業が終わって学童に行っていたところが、夏休みの間は1日中学童で過ごすようになってしまうからです。

子供の夏休みは長いので、毎日同じ学童だと子供が飽きて行くのを嫌がったりすることもあります。

夏休みの間は通常の学童を利用しつつ、特定の曜日のみ民間学童を利用してみてはいかがでしょうか。

民間だと夏休みの宿題や勉強のサポートをしてくれたり、ピアノなどの習い事をさせてくれたりするところもあります。料金はそのぶん割高ですが、うまく公立学童と組み合わせることで金額面の負担や勉強面の不安を減らしましょう。

退職を考える場合は先のことも考える

小1の壁をきっかけに仕事を辞める人も多いです。

その際は、夫と金銭面やライフプランについてよく話し合いましょう。ここの話し合いをおろそかにし、安易に子供と学校のことを理由に退職すると、仕事のキャリアや金銭面などで後々後悔をすることになりえます。

小1の壁で後悔しないためには

インターネットでの書き込みや周りの環境で決めるのではなく、小1の壁で選択したことを後悔しないように自分が1番重要視するものをじっくりと考えて選び抜きましょう。

それが子供との時間であっても、仕事のキャリアであったとしても自分自身が選んだことであるという事実が大切です。

ライター