就活における学歴差別の実態:企業の意図とは?有名大学の持つブランド力

学歴により人を判断する、いわゆる学歴差別は過去のものになりつつあります。しかし就活においては、未だ多くの企業で学歴差別が存在します。

「学歴でその人の人柄や実力がどこまでわかるのか」と反発をしたくなる気持ちはわかります。でも企業によっては、学歴はその人のおおよその実力を判断する目安となり、採用もしくは不採用のフィルターにかける材料とします。

このように就活において、企業が学歴差別をする意図はどこにあるのでしょうか。

学歴差別は当たり前?

学歴差別とは、具体的には企業側が就活生の学歴により、その人がどんなに実力があっても最初から選考の対象から外されることを意味します。

就活生は希望する企業には自由に応募書類を提出してエントリーすることができます。

しかし、そこには学歴による差別が存在し、企業側の求める学歴に見合わない就活生は、私たちの知らないところでフィルターにかけられて、審査をされる対象にすらなれません。

残念ながらこのようなことは多くの大企業で行われており、私たちはそのことをあらかじめ知っておくことが大切です。

それではなぜ企業はこのような学歴差別をするのでしょうか。

有名大学の持つブランド力

その名前は誰もが一度は耳にしたことがあり、憧れる大学。そういった有名一流大学には、いわゆるブランド力があります。

企業にとってブランド力のある大学に対しては「その大学の生徒を採用すれば、大外れすることはないだろう」といった一定の信頼感があります。

逆に一流有名大学以外の生徒を採用した場合のリスクも考慮されるので、自ずと就活における学歴差別が広がります。

学閥の力が作用する

伝統的に一流有名大学の生徒を採用する企業は、既に社内はそれらの大学の出身者で占められています。そういう出身者の人たちが採用を担当するのですから、なるべく自分たちの母校の就活生を採用したいと思います。

このように大企業には学閥による力学が働き、採用のみならず出世といった人事関係にも学閥の力が作用しています。学閥の強さは社内の力関係にも影響を与えています。

人事の怠慢!?

一流有名大学以外の出身者にも、優秀な人材は数多くいます。しかし、見た目や出身校ではわかりにくい、その人の適性や能力を見極めるには、多くの時間と費用、労力を必要とします。

しかし、人事関係者はなるべく時間や費用、労力をかけないように採用をしたいと考えます。そこで人事関係者がとる手は学閥によるフィルターです。採用したい大学出身者を優先的に採用し、それ以外はフィルターなかかることなく弾かれてしまいます。

世間を気にする

一流企業には少なからず外聞を気にする傾向があります。つまり、自分の会社が一流大学出身者で占められていれば、「あの会社は優秀な人材が多くいるものだ」という目で世間に見られます。

そこに無名の三流大学出身者を採用すれば、傍目に見ても体裁が悪いと考える場合があります。

学歴差別に対応するためには

このように一流大手企業には、少なからず学歴差別があることを心得ておきましょう。その上でどうしても一流大手企業を志望したいと考えるのであれば、それなりの対策が必要です。

一つには一級建築士などの難関な国家資格を取得して、他の人には無い実力をアピールすることは有効な手段となります。また現代のような国際社会では、英語力のある人はとても重宝がられます。

TOEICが900点以上の英語力があれば、一流大手企業を志望する上ではとても大きな武器になります。

このように今からでも大学名を超越するような実力を身につけて、学歴差別に対応することをおすすめします。

ライター

источник

here

Нашел в интернете авторитетный веб сайт , он описывает в статьях про ремонт стиральных машин lg киев.