企業が女性活用をするメリットとは?女性が活躍する時代がやってくる!

最近では、多くの女性が社会進出を果たしています。安倍政権における経済政策であるアベノミクスでも、女性の社会進出の積極的な後押しが取り上げられているでしょう。

一方企業側においても積極的に女性の雇用を進め、優秀な人材は幹部への登用も行なっています。企業が女性の採用を拡大する理由は、女性を活用することで会社に多くのメリットをもたらしてくれるからです。

今回は会社における女性活用のメリットをご紹介します。

女性を採用する理由とは

女性を採用して、会社で活用することのメリットを考えてみましょう。

労働力の減少に歯止めをかける

高齢化社会を迎えている日本。それに呼応するかのように、働く人々の高齢者の割合が年々増加しています。

また、団塊世代の退職により労働人口の減少が目に見えて顕著になり、これまで男性偏重型といえる会社員の構成によって、労働人口の減少を食い止めるのが難しくなっているという現状です。

そこで女性を積極的に採用し活用することで、会社における労働力の減少に歯止めをかけるメリットがあります。そのために会社側は女性の人材を受け入れやすくするよう体制を整え、女性の採用に力を注いでいるのです。

女性の意見を商品に取り入れる

女性を採用して彼女たちの意見を積極的に取り入れることで、新しい購買層を開拓することができます。

家庭における商品を購入する決定権が、家計を任されている女性が持っているという現状において、会社が商品の売上げを上げるためには、女性たちが好んで購入する商品を開発しなければ生き残っていけません。

そのためには女性目線の意見を商品に取り入れることは不可欠です。会社としては女性の意見を活用することで、販売数を向上させて会社の利益に大きく貢献させることができるメリットがあります。

企業のイメージアップにつながる

女性を積極的に採用する会社は増えてきていますが、戦力として活用しきれている会社はそれほど多くはありません。実際には男性偏重型のままの企業が多いです。

女性を管理職やリーダーとして登用するのが望ましいという世の中の風潮において、男女の格差がなく、女性が働きやすい職場を提供することは、対外的には企業のイメージアップにつながります。

企業のイメージが上がれば優秀な人材が集まりやすくなり、さらに会社の業績アップにつながるという好循環が生まれるのです。

女性を活用する上での課題

企業にとって女性を活用するメリットは計り知れません。しかし、その上で課題が残されていることも事実です。

産休後の復職について

多くの場合女性は結婚すると出産を控えています。たとえ産休制度があるにしても、周りの社員に気遣い止むを得ず退職せざるを得ない場合や、復職しても休職前のようなポジションに就くことが難しい環境があるでしょう。

また昇給や昇進においても、人事評価の上で男女が平等であるとは言い切れない企業が多いのが現状です。

これから積極的に女性を活用するためには、各企業はこれらの問題を解決する必要があります。

逆に言えば、女性が働きやすい環境を整え、制度的に確立することができる企業は、将来的には企業のイメージアップとなり業績も右肩上がりになると考えられるでしょう。

会社を選ぶ側の心得

これから就職活動を控えている学生においては、会社を志望する基準の一つに、女性を積極的に雇用し活用している企業を選択することが必要です。そのためには先輩方の意見に耳を傾け、多くの情報を集めることが求められます。

ただ単に見た目の印象に惑わされることなく、将来的なことを見据えた上で企業を選択することは、企業自体の活性化につながり、より女性が働きやすい環境を整えることが期待できるでしょう。

ライター

узнать больше

У нашей организации нужный веб сайт , он описывает в статьях про майнинг оборудование.
У нашей организации классный сайт на тематику материнска плата.