大リストラ時代に向けて備えておくべきこと5つ:終身雇用制はすでに崩壊している

記事の著者:haruki hatano

大企業を中心に終身雇用制度が崩壊しつつあり、マスコミでは、数多くの企業が早期退職や希望退職、リストラをするニュースを連日のように報道しています。

このように終身雇用制度が終わりを告げようとする現代社会において、私たちの企業に対する信頼が揺らぎかけています。定年まで心配なく働き続けることができたのは、今では過去の出来事になりつつあるでしょう。

私たちは大企業でもリストラをされるこの時代に、どのように備えたらよいのでしょうか。

終身雇用制度とは

終身雇用制度とは、企業が従業員を定年まで雇用し続ける制度です。最近のように早期退職を募集したり、リストラをする企業は終身雇用制度を取り入れていないことになります。

しかし終身雇用制度といっても、法的な制度として確立している訳ではありません。あくまでも会社側の一方的な解雇を規制する法があるだけで、いわゆる雇用の仕方における日本の慣習といったものです。

終身雇用制度は崩壊して大リストラ時代へ

企業が終身雇用制度を維持し続けるには、右肩上がりの業績が条件です。たとえ一時的に業績が落ち込むことがあっても、この先の成長が見込めれば従業員を解雇したりはしません。

しかし、現代のような成熟した社会において、企業が成長し続けることはとても困難です。日本のGDP推移は1990年代後半からもう30年弱ずっと横ばいで、復活の兆しもありません。そのため、場合によっては人件費削減に乗り出すなど、なんらかの手段で利益を生み出さないことには、会社として生き残っていくことができなくなっています。

そこで企業は従業員の早期退職を募ったり、リストラを敢行したりします。かつて日本の経済の成長を支えた大手電機メーカーのような大企業でさえも、リストラとは無縁でなくなっており、日本の大企業といえどもまったく安泰とは言えない状況になってきました。

終身雇用制度崩壊に備えるポイント5つ

終身雇用制度の崩壊により、定年まで勤め続けることが困難な時代において、私たちはどんなことに備えておけばいいのでしょうか。

以下にその手段をご紹介します。

1. 会社での地位を確立する

もしあなたがリストラを恐れるのであれば、会社に必要とされる人材になることが重要です。会社は実力のある人材を求めています。

出勤してタイムカードを打刻し、終業時間までをだらだらと過ごす社員は、会社が不振な時には真っ先にリストラの矢面に立たされます。

そうならないためには、企業において利益を生み出す存在になれば終身雇用制度崩壊を恐れる必要はありません。

2. 変化に対応できる力を身につける

社会人としての経験が浅いうちは、将来のキャリアプラン構築することは難しいでしょう。しかし、若いうちから先の見えない将来の変化に対応できる力を身につけることは、これからの時代にはとても大切です。

流されるように会社での仕事だけをするよりも、今からでもスキルアップのための努力をすれば、数年先には社外でも通用するような力が身につきます。

3. 起業できる力を蓄える

前述したキャリアプランに加えて、企業に依存しない生き方を模索することは、終身雇用制度の崩壊に対応する上でとても有効です。

会社に身を置きながら、長い時間をかけて起業の計画を立てることは、準備期間が少なく、いきなり起業するよりも相当リスクを抑えることができます。

たとえ結果的に起業することがなくても、会社に依存しない、危機感のある働き方を身につけることは、そうでない人よりも何倍も実りのある仕事をすることができるでしょう。

4. 終身雇用制度を取り入れている会社を探す

一方で、自分の実力だけで生きていくことが難しいと感じるのならば、終身雇用制度を取り入れている会社に就職・転職しましょう。

現代において日本の大企業で終身雇用制度を取り入れている会社を探すことは難しいですが、中小企業であれば、終身雇用制度を積極的に取り入れている会社はいくつもあります。

それらの会社では、年配の人たちが彼らの熟練の技術を若い人たちに伝える担い手として、多くの活躍の場が与えられています。そのような会社に就職すれば、終身雇用制度の崩壊を心配する必要がなく、技術を持った年配者は逆に手厚く扱われるでしょう。

5. しっかりとした蓄えをしておく

終身雇用制度の崩壊により、もしあなたがリストラにあった場合に備えて、しばらくの間生活できるだけのお金を蓄えておくことが大切です。

会社都合の退職であれば退職金もそれなりに支給される可能性があり、失業保険もすぐに手にすることができるでしょう。

例えば厚生労働省の調査によると、勤続20年以上かつ45歳以上の退職者に対して支払われた退職金の平均額は、会社都合・大学卒の場合で2,125万円となっています。

しかし、もちろん一生食べていけるだけのお金を手に出来るわけではありません。あくまでも次の仕事が見つかるまでのつなぎとして、ある程度の蓄えがあることは心のゆとりも生まれます。

今から万全の備えをしておこう

一つの会社で定年まで勤め上げられることはとても幸せなことです。しかしすでに終身雇用制度が崩壊した世の中では、逆に一つの会社で勤め続けることが珍しいことになり、転職が当たり前のように行われるようになります。

あなたにとっても、このことは決して人ごとではありません。

逆にこのような変化のある時代をチャンスと捉えて、その変化に対応できるためのキャリアを磨くきっかけとしましょう。そしていつ自分の身に降り掛かってくるかわからないリストラの危機のために、今から万全の備えをしておいてください。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。