職場の派閥争いに巻き込まれない方法5選:気にしすぎないことも大切

女性が多い職場で働いている人は、職場での女同士の関係やコミュニケーションに、悩んでいることが少なくありません。

女性社会には、グループや派閥というものが存在します。派閥と関わると、トラブルになることが少なくないので、関わりをもちたくない、巻き込まれたくない、と思っている女性は多いです。

今回は、そんな職場の派閥争いに巻き込まれない方法を6つご紹介します。

派閥から距離を置く

職場の派閥争いに巻き込まれない為には、距離を置くことが大切です。特に各派閥の中心人物とは、なるべく関わらないようにしましょう。

例えば、A派閥のリーダーの誘いに乗り、飲み会などに行くと、B派閥の人に「あの人はA派閥に行ったんだな。」と勘違いをされる可能性があります。

挨拶や世間話などは、良好な関係を築く上で大切なので、是非するべきですが、トラブルが起こりそうな行動は避けるのが無難です。

派閥の悪口を言わない

職場で派閥に属している人に、話を振られることもあるでしょう。その人が、別の派閥の愚痴をいうことも少なくありません。

そんな時、相手の愚痴に同調した方が、トラブルは起こりませんが、誰かが聞いている可能性もあるので十分注意してください。

SNSなどで、派閥の悪口を言うことは控えましょう。「匿名だからバレない。」と思っていても、話の内容や自動の友達登録など、バレるリスクは十分にあります。

それでも、どこかで愚痴をはかないと、ストレスが溜まってしまうものです。そんな時は、特定の人しか閲覧できないものや、非公開機能があるものを利用しましょう。

あいまいな態度をとらない

どちらの派閥にも属さないでいると、板挟み状態になってしまうという問題があります。

板挟み状態を回避する為には、はっきりとした態度をとることが大切です。曖昧な態度がトラブルを引き起こすことも少なくありません。

派閥に属している人とは接触を控え、どちらかの肩を持つような発言も避けましょう。

派手にならないように気を付ける

派閥争いに巻き込まれない為には、目立たないことが一番です。ファッションやメイク、ヘアスタイルは、派手にならないように注意しましょう。

ある程度は、流行りを取り入れた方が陰口などは言われません。清潔さのあるファッションやヘアスタイルは、同性にも好印象です。

また、男性社員と仲良くしすぎると、派閥の人やお局様に、目をつけられてしまいます。

男性関係に関しても派手な行動は控えるようにしましょう。理不尽なことですが、職場での女同士のトラブルは避けることができます。

気にしすぎない

派閥とはなるべく関わらないようにする、派閥の悪口を言わない、自分の意志をしっかりと持つ、ファッションに気を遣う、などの事をすることで、職場の派閥争いに巻き込まれるリスクを減らすことができます。

しかし、そういった気遣いや努力は、精神的な疲れやストレスの元です。「職場は仕事をして、お金をもらうための場所。」と言い聞かせて、なるべく気にしないように注意しましょう。

Tags

ライター